多重債務でもブラックでも借りれる消費者金融なら金融ブラックでも平気ってことですか?昨今の不景気で今は未曾有の金融ブラック社会だからこそ、ブラックに対応した商品が出てもおかしくありません。

ブラックでも借りられる【どこも審査通らない人】どうしてもお金が必要な時だけね☆

black-muryou360x120.jpg
 

お金が必要なときはどうしたらいい?

多くの人はクレジットカードを持っています。どうしても早急にお金が必要となったときは、クレジットカードのキャッシングを使うことが一番手っ取り早いでしょう。

銀行カードローンや消費者金融会社のカードローンからお金を借りる方法もありますが、すぐに貸してくれるわけではありません。審査を通らないと貸してくれないのです。そのときにすでに任意整理中であれば審査に通ることはまずないでしょう。

クレジットカードもそのうち手持ちのカード全てが利用停止となる可能性があります。そうなる前にクレジットカードのキャッシング機能を使ってお金を借りる方法が一番早いのです。どうしてすぐにキャッシングできるのかというと、クレジットカードを作るときにすでに審査を受けているからです。そのときの信用でクレジットカードが利用できているというわけですね。それでは、その信用がずっと続いていくのかというとそうではありません。

クレジットカードには使用期限が刻印されています。その使用期限が近づくと再度審査を受けることになって、そのときの属性が悪ければ、クレジットカードを更新することはできずに、そのまま解約となってしまうのです。

また、クレジットカードのキャッシングは困ったときにとても便利なのですが、すぐに金利手数料が発生します。ですから、少額のお金を借りるのには向いていますが、大口たとえば10万円20万円のキャッシングには向いていないと考えたほうがいいでしょう。

クレジットカードのキャッシングの利用限度額にもよるのですが、一般的には30万円から50万円が多いようです。ショッピング枠と共有されていますし、月々の光熱費の支払いやスマホの支払いなどをクレジットカードで支払っている人は、多額のキャッシングによって残高不足になって引き落としができないということがないように注意しなくてはいけません。

それも立派な滞納ということになるからです。金融ブラックになってもしばらくはクレジットカードが利用できる場合もあるので、背に腹は変えられずにクレジットカードのキャッシングを利用する人は多いことでしょう。しかし、契約者貸付けにも限度があるので、借りれるうちに借りておこうというのではなく、しっかりとした返済計画を考えてから借りるようにしたいものです。

いずれにしても債務整理中であったり、信用情報がブラック状態になっている場合は、遠からずクレジットカードの利用停止になってしまうので、それまでに借りるというのが最善の方法かもしれません。しかし、借りすぎても返済しなくてはいけないということもしっかりと覚えておきましょう。消費者金融紹介などを利用して街金などの金貸し屋に相談するのもいいかもしれません。
 
black-muryou360x120.jpg
 
black-muryou360x120.jpg