多重債務でもブラックでも借りれる消費者金融なら金融ブラックでも平気ってことですか?昨今の不景気で今は未曾有の金融ブラック社会だからこそ、ブラックに対応した商品が出てもおかしくありません。

ブラックでも借りられる【どこも審査通らない人】どうしてもお金が必要な時だけね☆

black-muryou360x120.jpg

審査通らない 借りれる

  1. キャッシングやカードローンの審査通らない事情
  2. 審査を通して借りれる自分になるコツやテクニック
  3. 総量規制によって審査通らない場合の借入先とは
  4. 別の消費者金融や街金なら借りれるケースも多々存在
  5. 過去の借金が原因で審査通らないケース
 
black-muryou360x120.jpg
 

キャッシングやカードローンの審査通らない事情

キャッシングやカードローンなどに対しては、お金を借りたいときに申し込みをおこなうものです。しかし、自分がいくら借りたい気持ちを強く持っていても、業者がNGと判断すれば審査には通らず、お金を借りられなくなります。

どのような賃金業者であっても、お金を貸す以上は申込者の審査をおこなうのですが、審査に無事に通ってお金を借りれる人もたくさんいますが、その一方で審査通らない人の存在も多数となっています。

ただし、審査通らない状況は自分の側に何かしらの責任がある場合もあります。そのため、なぜ審査に通らないのかを把握しておくことは大切です。

どのような事情で審査に通らないのかといえば、その理由にはいくつものケースがあります。ひとつは年収に相応しくない借り入れの申し込みです。賃金業者がどうして審査をするのかといえば、問題なく返済してくれる人かどうかを確認するためです。

この際、人柄ではなくその人の収入状況はしっかりチェックされます。やはり収入がなければ貸したお金を返す原資がないわけですから、融資は厳しいという審査結果になってしまいます。この際、収入が低いから借りられないということではなく、その年収額に見合った借入額になっているかどうかが確認されるのです。

たとえば年収300万円の人が、突然500万円を貸してほしいとなればどのような賃金業者であっても尻込みします。無論これは極端な例であり、尚且つ総量規制オーバーになる事例ですが、同じように年収に見合わない申し込みの場合には審査で弾かれる可能性があります。

また、今回の申し込み額が収入に見合ったものであってもすでに他社からの借り入れがあるような場合にはキャッシングやカードローンの審査に通らないことも考えられます。それらの借入も含めて返済していく必要があるため、業者はそれらの情報も含めて審査しているのです。

人間性は影響ゼロとまでは言いませんが、やはりこのような数字を吟味するのが賃金業者ですから、審査通らない経験をしたことがある人は改めて自分の申し込みデータを思い出してみましょう。
 
▲メニューに戻る
 
black-muryou360x120.jpg
 

審査を通して借りれる自分になるコツやテクニック

賃金業者へのキャッシングや、カードローンの申し込み後の審査に通って無事に借りれる自分になるためには、いくつかのコツやテクニックを駆使することも忘れないでおきたいものです。

コツやテクニックと言っても相手を欺くような行為ではありません。あくまでも正直に向き合うことが大切ですが、ちょっとした自分のミスなどで審査に落ちてしまうこともあります。

たとえば多くの審査では資金の利用目的を聞かれます。このとき本来の目的を答えるべきですが、選択式になっていることも多く、自分の該当するものにチェックをつけるわけですが、そこでミスすることもあります。

もし、旅費を貸してもらう場合の申し込みにおいて遊興費という項目で選んでしまう人がいます。間違ってはいけませんが遊興費となると完全に遊びのお金です。たとえばギャンブルなどが挙げられます。

基本的に多くのキャッシングやカードローンはフリーローンであり、用途は自由です。しかし、投資やギャンブルなどに費やすとわかっている人に迷いなくお金を貸すかと言えば、そこは微妙なところです。特にギャンブルの場合には依存している方もいますので、躊躇する業者が多くなります。

これが本当にギャンブル目的で申し込みをおこなったのであれば仕方ありませんが、旅費は実家への里帰りのためであったり、冠婚葬祭に出席するためなど、真面目な目的にもかかわらず、選択するべき項目がわからずになんとなく遊興費を選んでしまうと、審査結果に影響する可能性がありますし、自分が後悔する可能性があるのです。

本人としては軽い気持ちで記入したりチェックしたりしているのかもしれませんが、ここで選択肢を間違えることで審査に落ちてしまうこともあると自覚してよく考えた上で書き込みましょう。

このような小さなミスが原因で審査通らないと嘆く人は多いものです。そのほかにも記載漏れや記載間違え、担当者からの在籍確認の電話に出ないなど、本当に些細なミスが原因のこともあるのです。本来なら借りれるかもしれないのに落ちる可能性もあるわけですから、申し込みは慎重な確認も重要なのです。
 
▲メニューに戻る
 
black-muryou360x120.jpg
 

総量規制によって審査通らない場合の借入先とは

キャッシングやカードローンは、お金が必要なときに必要な金額だけ貸してくれるサービスなので、とてもありがたいものです。

しかし、審査に通らない人も多く存在します。そして、審査通らない原因のひとつとして挙げることができるのが総量規制です。これは個人の前年年収額などの3分の1までの金額が借り入れできる上限額であると定めた法律です。

つまり、年収が300万円の人なら借り入れできる上限額は100万円、600万円ならば200万円が上限となり、それ以上は借りられません。

これは消費者金融や街金融などの判断で可否を下しているわけではなく、あくまでも法律なので、そのルールにのっとって粛々と可否を決めているにすぎません。そのため、これまで真面目に返済を繰り返してきた上客であったとしても、この収入額の3分の1ルールに反する融資はどのような会社もおこなえないのです。

また、この年収額は本人が提出した年収証明書類によって決まります。昨年の源泉徴収票を出す人もいれば確定申告書を出す人もいます。さらに給料明細という人もいます。仮に昨年の年収証明の金額と今年の年収額がかなり違う場合、それを相談してみる方法はひとつあります。たとえば最近になって転職して収入が大きく変わった場合などです。

また、総量規制には除外や例外という規定もあります。不動産関連の担保ローンなどは除外され、総量規制の制約を受けません。さらに、例外扱いになるものとしては緊急の医療費の貸付や社会通念上必要な緊急性のある貸付などは、年収の3分の1を超えていても例外扱いで貸し付けが実行されるケースもあります。さらに借り換えなどいわゆるおまとめローンも認められるケースがあります。

あくまでも個別の判断となりますが、こうした除外や例外も存在しますので、総量規制で審査が通らないとしてもすぐに諦めずに相談していく姿勢も重要です。場合によっては借りれるケースもあるため、資金の用途などを丁寧に説明すれば道が開ける可能性もあるのです。
 
▲メニューに戻る
 
black-muryou360x120.jpg
 

別の消費者金融や街金なら借りれるケースも多々存在

ローンカードを手に入れるべく、キャッシングの申し込みをおこなったものの、その際の審査で落とされる人もいます。そして、その時点で諦めてしまう人も多いです。

しかし、どの賃金業者も審査基準は極秘事項としており、審査に落ちた理由も通った理由も決して明らかにはしません。

そのため、たしかに総量規制などの影響を受けて、どこの消費者金融や街金に申し込んでも落ちてしまう人もいますが、一方ではたまたまその業者に落ちてしまっただけというケースも考えられるのです。

それぞれの賃金業者は特徴ある経営をおこなっていますが、中には審査基準が厳格でかなり厳しく設定している会社もあります。そのような会社に最初に申し込みをおこなって審査に落ちてしまっただけということも考えられるのです。

つまり、最初に向き合った相手が悪かったという捉え方をすることもできます。このような状況にもかかわらず、その時点で諦めてしまってはもったいないです。山ほど申し込みをおこなうのは逆に問題ですが、1社で落ちただけで諦めてしまうのは早すぎるのです。そのため、せめてもう1社くらいは申し込みをおこない、審査結果を待ちたいものです。

このとき、とにかく数多く申し込めばどこかの業者で借りれると考えてしまう人もいますが、複数の同時申し込みは業者が嫌う物事のひとつと言われています。同時にたくさんの申し込みをおこなうということは、イタズラや借り入れ後に逃げることを考えているのではないかと業者サイドは不安を感じるのです。

そのため、いくら審査通らないからと言ってこのような申し込みだけは避けておきましょう。こうした方法を避けながら消費者金融や街金に申し込みをおこなえば、すんなり審査を通してくれる賃金業者に巡り合える可能性はあります。

それぞれの審査基準が異なる以上、自分を受け入れてくれる会社はあると信じましょう。決定的に断られるべき事情が特にないのであれば、審査に通るか通らないかは相手次第とも言えますので、自分を信じて前向きに歩んでください。
 
▲メニューに戻る
 
black-muryou360x120.jpg
 

過去の借金が原因で審査通らないケース

キャッシングやカードローンの審査が通らない人は、過去のヒスクレが問題視されているケースも多いです。特に過去に他社からの借り入れがあって返済が遅れたことが何度もある方、その期間が2カ月以上になった方などは、審査において返済能力に問題があると評価されてしまうこともあります。

無論、どの程度の遅延や延滞だったのかや審査をおこなう会社の基準などにもよりますが、こうした行為が過去にあるとマイナスに作用する可能性はあります。

また、今は携帯やスマホも分割で買っており、その情報も信用情報機関に登録され、他の消費者金融や街金、クレジットカード会社などからの借入と同列に並んでいます。

携帯キャリアの名称が記されていますので、携帯の分割だとわかりますが、この支払い状況も審査の際には見れるわけです。そのため、大幅な遅れが何度もあるようなケースでは、支払能力に問題があると考えられてしまうケースもあります。

ただし、携帯やスマホの支払いは後回しにしてでも、キャッシングやカードローンの返済にお金を回す人は多いのも事実です。そのため、賃金業者としてもこのデータは参考レベルにしていることが多いと言われていますし、仮にどのようなスマホの支払いがあっても問題視しないという業者もあります。

そのため、あまり気にしなくていい部分ではありますが、延滞はないに越したことがないため、審査通らないということで悩んでいるのであれば、この点も考慮しておきましょう。そのほかのポイントとしては債務整理をおこなっている場合には金融事故としての事故情報が残るため、一定期間は新たな借入ができないことが多い上、債務を実際に整理した会社からは時間が経過しても借りられないことが多いと言われていますので、その点は承知しておくべきです。

また、転職を短期で何度も繰り返している人や住所を同じく短期間で何度も変えている場合には、何か特殊な事情があるのではないかと考えられてしまうケースもあります。さらに借金が多いと審査においてマイナスに働く可能性も高いのですが、逆にいい大人が1円も借金なしというのも疑われます。

クレジットカードさえ持っていない場合、過去に自己破産でもしたのではないかと疑われ、本当に一切の借金や債務整理経験がなくても30代や40代の人が申し込むと落とされることもあります。そのため、将来のためにも早めにヒスクレを作って借りれる自分を確保しておきたいものです。
 
▲メニューに戻る
 
black-muryou360x120.jpg

収入がない人は審査が通らないのは当たり前

大手消費者金融などのカードローン、銀行カードローンでは審査次第で、まとまったお金をキャッシングすることができます。審査は、信用情報も大切な項目ですが、申込みの内容でも借りれない理由があることもあります…

総量規制以上は借りれない消費者金融のキャッシング

カードローンとは、一定の限度額を与えて、限度額内で自由に借入ができます。 1枚のローンカードで、いちいち借りたい申込みも必要なく、ATMで借入ができる便利なカードです。 それだけの信用があることが…
black-muryou360x120.jpg