多重債務でもブラックでも借りれる消費者金融なら金融ブラックでも平気ってことですか?昨今の不景気で今は未曾有の金融ブラック社会だからこそ、ブラックに対応した商品が出てもおかしくありません。

ブラックでも借りられる【どこも審査通らない人】どうしてもお金が必要な時だけね☆

black-muryou360x120.jpg

お金借りる 審査通らない

  1. お金を借りるならどこがいい?
  2. 審査通らないと思ったら
  3. お金をなんとかして借りたい
  4. ブラックでも借りることができる
  5. どうしても審査に通らない
 
black-muryou360x120.jpg
 

お金を借りるならどこがいい?

お金を借りるのならどこがいいでしょうか。消費者金融会社と答える人もいるかもしれませんが、お金を借りるならやはり、銀行カードローンが一番でしょう。

銀行と言えば、お金を借りるところというイメージはやはり強いのです。そして、銀行カードローンは金利が低いので、安心して借りることができるのが大きなメリットといえます。

銀行にもいろいろな銀行があります。地方銀行などは給与振込みなどをしているので、馴染みが深いことでしょう。銀行には他にはメガバンクにネット銀行などもありますし、信用組合や信用金庫なども銀行と同じ金融機関です。

もっとも、使い勝手のよいカードローンを扱っているのはメガバンク、ネット銀行、地方銀行といったところでしょう。さらに、カードローンは利用可能限度額の範囲内でしたら、いくらでも入出金が可能です。借りて返済したら、利用可能額が大きくなりますから、また借りるといったことを繰り返しているといつまでたっても、借金の返済ができないので気をつけなくてはいけません。

魅力一杯の銀行カードローンなのですが、審査が厳しいといったデメリットもあるのです。ですから、銀行カードローンは誰でも気軽に借りることができるというわけではありません。信用度や返済能力が高くないと、銀行はお金を貸してくれないのです。信用度や返済能力をひっくるめて属性と呼んでいますが、属性を決める大きな要素に、雇用形態があります。雇用形態が正規雇用の人でしたら、収入が安定しているので属性が高いということになります。

一方のパートアルバイトの人でしたら、安定した収入と見られないので属性が低いということになり、銀行カードローンからお金を借りることは難しいでしょう。また、銀行カードローンは審査に時間がかかります。一部メガバンクでスピード審査といった文言が出ていますが、属性がかなり高く、他に何も問題がない場合にスピード審査ができる場合もありますが、そういった人のほうが稀でしょう。

いずれにしても、銀行カードローンで誰もがお金を借りたいと思って、融資の申し込みをしたとしてもなかなか審査に通らないことが多いのです。特にパートアルバイトの人は、銀行カードローンでお金を借りることはできないと考えたほうがいいでしょう。属性というのは一人一人によって違ってきます。加えて、属性の判定基準は銀行によってまちまちです。場合によってはA銀行で銀行カードローン審査に落ちても、B銀行では審査に通るといったこともありえるわけです。

もっとも、融資の申し込みをする場合はタイミングを考えたほうがいいでしょう。A銀行の審査に落ちたからといって、次にB銀行に申し込んでも落ちる確率が高いです。これは、審査に落ちたという情報を銀行などの金融機関が、信用情報機関を通じて共有しているからです。そのためB銀行に融資の申込みをしても、A銀行で審査に落ちたのなら、こちらも審査に通すわけにはいかない、ということになるのです。これを申し込みブラックと呼んでいます。

カードローンの審査に落ちたという情報は、6ヵ月程度は消えないということです。ですから、審査に落ちた場合は、6ヵ月は融資の申し込みを我慢しなくてはいけません。お金に逼迫しているときは、6ヵ月という期間は気の遠くなるくらい長く感じることでしょう。そうなると、後は消費者金融会社のカードローンに頼らざるを得なくなるのです。

消費者金融会社の審査基準は、銀行カードローンよりも低いです。ですから、消費者金融会社のカードローンだと、パートアルバイトの人でも審査に通ることが可能でしょう。もっとも消費者金融会社でしたら、昔ながらのサラ金のイメージが根強くあるので、世間体を気にする人も少なくありません。

若者世代でしたら、消費者金融会社からお金を借りるのも抵抗がないのかというと、そうでもないようです。やはり、時代は変わっても消費者金融会社のイメージは、なかなか変わるものではないのかもしれません。

イメージは変わらなくても、消費者金融会社の中身はそういった暗いものではなくなっています。法律の改正などもあって上限金利も決まっていますし、昔のような厳しい取り立てはできなくなっています。夜の電話連絡も厳しく規制されています。ですので、昔よりも消費者金融会社のカードローンは格段に利用しやすくなったのは間違いありません。

上限金利が決まっていても、銀行カードローンよりも金利は高くなっているのですが、銀行カードローンにはないサービスがたくさんあります。初回に限るのですが、無利息期間というのもありどこの消費者金融会社のカードローンも、初回の貸出しについて30日の無利息期間を設けているのです。30日もあれば次の給料日には確実にかかりますから、少額融資でしたら、無利息でお金を借りて返済することができます。

こういった、借り方ができるのは消費者金融会社のカードローンの大きなメリットと言えるでしょう。
 
▲メニューに戻る
 
black-muryou360x120.jpg
 

審査通らないと思ったら

カードローンは銀行カードローンでも、消費者金融会社のカードローンでもローンの中では審査が厳しいです。

もっとも消費者金融会社と銀行のカードローンでは、銀行カードローンのほうが審査が厳しいのは当然なのですが、消費者金融会社のカードローンも消費者金融会社全体の中では、審査基準が厳しいのです。

カードローンは利用限度額内でしたら、いくらでも入出金が可能で、借入れするにも返済するにも自由度の高いローンです。ローンカードも発行されるので、全国どこでもATMさえあれば入出金可能なのが、便利さにおいても他のローンと比べて、大きなアドバンテージと言えるでしょう。

しかし、そのような使い勝手の良いカードローンですが、審査が厳しくて借りたくても審査に通らないという人も少なくないのです。銀行カードローンでしたら、他社借入れがあるだけで、審査に通らなくなることがあります。そういった情報は、信用情報機関を通じて共有されているので、他社借入れがあるとわかるようになっているのです。

また、申し込み時に審査に通りやすいようにと、他社借入れをゼロと申告しても、前述したように信用情報機関に照会することで、他社借入れの件数や金額がわかるので、虚偽の申告を申し込み書で行ってもわかります。むしろ虚偽の申告が分かった時点で審査に通ることはないでしょう。申し込み書に記載してもらうのは、照合するためでもあるので虚偽の申告はしないようにしましょう。場合によっては刑事罰になる可能性もあります。

融資の申し込みをしても、審査に通らず借入れができない場合は、他の消費者金融会社に融資の申し込みをしなくてはいけませんが、審査に落ちたという情報も信用情報機関で共有されているので、消費者金融会社によっては、他社の審査に落ちた人は審査に通すわけにはいかないということで、自社でも審査落ちさせるところもあります。これを申し込みブラックと呼んでいるのですが、そういった審査落ちの記録も半年間は消えないので、審査落ちした場合は半年間は借入れできない場合もあるのです。

また、消費者金融会社の場合は総量規制にかかっている場合があります。収入の3分の1までしから借りることができないというもので、銀行カードローンは対象外なのですが、消費者金融会社で他者借入れがあり、それが年収の3分の1を超えていたら、新たな借入れができずに審査落ちとなってしまうのです。

これは法律で定められているので、どうすることもできないのです。
 
▲メニューに戻る
 
black-muryou360x120.jpg
 

お金をなんとかして借りたい

大手消費者金融会社のカードローンだけが、消費者金融会社のローンではありません。アコムやプロミスといった大手消費者金融会社のカードローンの審査に落ちてしまって、どこからも借入れできないと思っていないでしょうか。

消費者金融会社全体からすると、カードローンを取り扱っている消費者金融会社は数社程度です。他の多くの消費者金融会社はカードローンは取り扱っていませんが、ローンで十分にお金を貸してくれるでしょう。

もちろんそういった中小消費者金融会社や、街金と呼ばれる小規模な消費者金融会社にも、融資の申し込みをしたら審査があります。その審査基準は大手消費者金融会社のカードローンよりも甘くなっているので、属性が不安だとか、大手消費者金融会社のカードローンの審査に落ちたという人でも、十分に審査に通る可能性はあるでしょう。

カードローン会社と比べて、中小消費者金融会社や街金の審査は甘くなっているので、十分にキャッシングが可能です。
 
▲メニューに戻る
 
black-muryou360x120.jpg
 

ブラックでも借りることができる

中小消費者金融会社や街金では、ブラックでも貸してくれるところがあるとされています。

事故情報が信用情報機関に記録されている、いわゆるブラックの人は、銀行カードローンや大手消費者金融会社のカードローンでの借入れはできないでしょう。しかし、中小消費者金融会社や街金では、信用情報機関に照会しない独自審査をするところが多いです。

また、信用情報機関に加盟していても、敢えて独自審査をしている消費者金融会社もあります。そういったところは、電話による在籍確認と収入証明書などの提出などで、審査に通ることも可能です。対面でも申し込みとなるところが多いので、本人確認もできるので、WEBでの申し込みのみのところよりも審査に通る確率は上がると考えていいでしょう。

ただし、ブラックの人でしたら高額融資を望むことはできません。中小消費者金融会社では数十万円、街金では10万円程度の融資額となるでしょう。
 
▲メニューに戻る
 
black-muryou360x120.jpg
 

どうしても審査に通らない

どうしても審査に通らないときはどうしたらいいのでしょうか。消費者金融会社でお金を借りることができない場合は、債務整理しか残っていないか、あるいはすでに債務整理中という人もいることでしょう。

そういった人のためにあるのかどうかわかりませんが、ネットでは個人間融資掲示板というのがあります。個人でお金の貸借りをするものですが、そういった専用の掲示板があるのです。

個人での貸借りになるのでトラブルが起きても自分で解決しなくてはいけない怖さがありますが、少額融資に限っては十分活用できそうです。

気をつけなくてはいけないのが、たまに業者が介在してくることです。業者の法が借りやすいのでは?という考えもありますが、闇金なども介在してくることもあるので、そういった業者と見分けが付けばいいのですが、基本的に消費者金融会社から借りることができなかった人が、個人間融資掲示板を利用しているので、業者の介在には気をつけたほうがいいでしょう。
 
▲メニューに戻る
 
black-muryou360x120.jpg

大手消費者金融の審査通らない?と思ったら

カードローンや消費者金融では、かならず審査があります。 ブラックでも借りられる中小消費者金融も存在していて、そちらにすぐに申込みも良いのですが、ちょっと待ったという方もいます。これは、審査通らないの…

銀行カードローンと大手消費者金融の審査の裏事情

銀行カードローンの審査に通らない場合は、大手消費者金融の申込みが有効だと言います。 しかし、大手消費者金融の審査に通らない場合は、銀行カードローンの審査派難しいようです。 ただし、このことは絶対的…

大手消費者金融と中小消費者金融の審査の違い

大手消費者金融や銀行カードローンの審査に通らない場合でも、審査基準が甘い中小消費者金融や街金では借りれることは多いです。同じ消費者金融でも、審査基準が甘くしていることで、キャッシングがしやすいです。 …

審査が通らない時に総量規制を増やす方法?

お金を借りるときの審査は、カードローン会社、消費者金融、銀行カードローンなどでも内容が違います。 公表されていないことですが、低収入ではたくさん借りれない、たくさんのローンカードは持てないなど、利用…
black-muryou360x120.jpg