多重債務でもブラックでも借りれる消費者金融なら金融ブラックでも平気ってことですか?昨今の不景気で今は未曾有の金融ブラック社会だからこそ、ブラックに対応した商品が出てもおかしくありません。

ブラックでも借りられる【どこも審査通らない人】どうしてもお金が必要な時だけね☆

black-muryou360x120.jpg

どこも審査通らない

  1. どこも審査通らない
  2. どこも審査通らないときはどうしたらいい?
  3. ブラックだから審査に通らない
  4. 街金なら貸してくれる?
  5. 街金でも貸してくれないときは?
 
black-muryou360x120.jpg
 
 

どこも審査通らない

お金を借りるとなったら、誰でも銀行でお金を借りたいでしょう。それでもどうして銀行でお金を借りたいのか、それは誰もが銀行のほうが金利が低くて、返済が楽だと思い込んでいるからです。

確かにそうなのですが、利便性といった使い勝手を考えたら、消費者金融会社のほうが銀行カードローンよりも使いやすい場合が多いです。そして、金利についても初回に限るのですが、消費者金融会社のカードローンでは、30日間無利息サービスを行っています。30日間という期間が大切で、一ヵ月もあれば、次の給料日があるのでそれで返済できるでしょう。返済時に利息が必要ないので、借りたお金をそのまま返済するだけなのです。

こういったサービスは、消費者金融会社のカードローンならではといえますし、銀行カードローンではこういったサービスは行っていません。ですから、少し借りてすぐに全額返済するといった場合は、消費者金融会社のカードローンのほうが使い勝手も良く、利息を考えてもお得な場合が多いのです。

それでも銀行からお金を借りたいのは、金利の低さがあるからでしょう。継続的にお金を返済していくのでしたら、元々の金利の低い銀行カードローンのほうが有利なのは間違いありません。お金はどこで借りてもお金の価値自体に変わりはありませんので、サービス云々よりも月々の返済額の違いと、返済額の総額が少しでも少ない方で誰でもお金を借りたいと思うのです。そう考えれば、誰もが銀行からお金を借りたいと思うのも無理はないです。

それともう一つ重要なのが、消費者金融会社のイメージがいまだに低いことです。かつては消費者金融会社はサラ金と呼ばれていました。サラリーマン金融の略なのですが、サラリーマンに主に貸出をしていた、サラリーマンが主に利用していたことから付けられて名前です。今でも消費者金融会社のことを、サラ金と呼ぶことが多く、それが消費者金融会社のイメージを損なっているのは、否めない事実なのです。

昔のサラ金というと強引な取り立てや、執拗な電話などで一家を路頭に迷わせる行為が頻発していました。
今は法律が改正されてそういった、厳しい取り立て自体が禁止されていますし、当時のサラ金的な体質は現在の消費者金融会社にはないといっていいでしょう。20年以上前の消費者金融会社は全国に3万社以上あったのですが、現在は2千社以下に激減しています。かなりの消費者金融会社が淘汰された結果となっていて、現在残っているのは、優良な消費者金融会社と考えていいでしょう。

消費者金融会社を規制する法律も多く、総量規制はその最たるものといっていいでしょう。

総量規制というのは、年収の3分の1までしか借りることができないという規制です。これは消費者金融会社にのみ当てはまるもので、銀行からの借入れは総量規制対象外となっているのです。消費者金融会社としては、貸出しするお金が制限されるので営業的には大打撃となります。

総量規制が施行された年は、消費者金融会社のローン利用者にとっても過酷な年で、総量規制でそれ以上お金を消費者金融会社から借りることができなかった人の多くが債務整理をせざるをえなく、その年の債務整理者数はそれまでの年よりも突出して多かったのです。他にも消費者金融会社には、過払い請求といった処理が重くのしかかりました。これによって、廃業を余儀なくされた消費者金融会社が続出したのです。

もっとも、上限金利以上の金利でグレーゾーンを呼ばれていたのですが、違法というよりも法の網をくぐって高金利で貸出しをしていたので、消費者金融会社側の責任ではないような気もするのですが、消費者金融会社の当時の高圧的な取り立てもあって、消費者金融会社バッシングが盛んな時期でもあったのです。

そうしたことを乗り越えて、現在残っている消費者金融会社は、より健全な貸金業者に生まれ変わったといってもいいでしょう。それでも昔の消費者金融会社のイメージが強烈に記憶に残っているので、消費者金融会社のイメージを完全に払拭するには、もう少し時間がかかりそうです。

また上限金利があるということですが、低金利からその上限金利まで幅があり、消費者金融会社の中でも中小消費者金融会社やもっと小規模な街金と呼ばれる、消費者金融会社では、上限金利でお金を融資するところが多いのです。それもいまだに消費者金融会社は高金利体質であることも、否めない事実です。

確かにそれも仕方のない面もあるのですが、お金はどこで借りても一緒ということを考えるとできるだけ、銀行でお金を借りて、銀行からお金を借りることができなければ、大手消費者金融会社のカードローンに、融資の申込みをするといった手順がいいでしょう。

大手消費者金融会社からもお金を借りることができない場合は、さらに中小消費者金融会社に融資の申込みをして、さらに街金にも申し込むといったように、順番に申し込んでいくようになります。
 
▲メニューに戻る
 
black-muryou360x120.jpg
 

 

どこも審査通らないときはどうしたらいい?

どこも審査が通らないというときでも、普通の人でしたら銀行とアコムやプロミスなどの、大手消費者金融会社のカードローンの審査に通らないというときが多いことでしょう。

消費者金融会社は、アコムやプロミスといった大手消費者金融会社だけではありません。むしろ大手消費者金融会社は数社程度であり、消費者金融会社は全国に2000社弱あります。まだまだ消費者金融会社はたくさんあるのです。

知名度は大手消費者金融会社などは、宣伝広告をたくさんしているので情報がどんどん入ってきます。一方の大手消費者金融会社に準ずる消費者金融会社は、中小消費者金融会社、さらに小規模な消費者金融会社で街金と呼ばれる消費者金融会社があります。

銀行でも大手金融機関がメガバンクなら、中小金融機関は地方銀行ということになるでしょうか。さらに信用金庫、信用組合といった零細な金融機関があります。消費者金融会社で、地方銀行に匹敵するのが中小消費者金融会社で、信用金庫などに匹敵するのが、街金と考えたらわかりやすいでしょうか。

中小消費者金融会社や街金は、信用情報機関に加盟していないので信用情報の照会ができません。これを逆に捉えると、銀行や大手消費者金融会社のカードローンなどの延滞情報やブラック情報などが、照会できないということです。

こういったことから、ブラックでも中小消費者金融会社ではキャッシングできるのでは?と考える人も少なくないということですね。実際に金融事故を起こしてブラックとなった人でも、借入れができる可能性はゼロとはいえないでしょう。
 
▲メニューに戻る
 
black-muryou360x120.jpg
 

 

ブラックだから審査に通らない

お金を借りたら、支払いをしなくてはいけません。それができなくて返済不能となったから、債務整理に陥ったということです。

俗に金融ブラックということですが、こうなると信用情報機関に金融事故情報として登録されるので、その情報を照会できる銀行や、消費者金融業者などからお金を借りることはできません。融資の申し込みをしても即審査落ちということになるでしょう。お金を貸しても返済できなかったのですから、当然の結果と言えるでしょう。

ローン利用者からすると、ブラックでもお金を貸してくれるのは、優良消費者金融会社となるのですが、お金を貸す側としては、金融ブラックの人にはお金を貸したくないというのが本音なのです。

前述したように、信用情報機関に加盟していない中小消費者金融会社や街金では、そういったブラックかどうかわからないのかというと、特別な情報網があるようで、そういった情報を駆使することわかるということです。

ですから、ブラックだから審査に通らないというのはほぼ間違いないといっていいでしょう。
それでも、なんとかしてブラックの人でも借りている人がいます。
それはどういったことでしょうか。
 
▲メニューに戻る
 
black-muryou360x120.jpg
 

 

街金なら貸してくれる?

街金などでは、現在の属性のみでしか審査ができません。これは信用情報機関に信用情報を照会できないので当然のことなのですが、街金はブラックといった金融事故情報は、過去に起こったこととして不問にしているケースもあるのです。

これは街金自体が、ブラックの人にお金を貸すということを公表しているわけではありません。それでも、ブラックの人でもお金を借りることができたということから、現在の属性を重視し、なおかつ現在の属性の良い人にお金を融資したということになるのです。

実際にブラックの人は、現在の属性の高い人が多いです。自己破産者などは、借金がなくなっているのですから、属性はかなり高いと考えていいでしょう。任意整理した人でも、かなり楽に返済しているはずですから、属性は債務整理をする前よりも、格段によくなっているはずです。そうなると街金としても断る理由がないので、喜んで融資をしているということです。

そういった情報はどこから仕入れてくるのかというと、ネットの口コミサイトです。
そういった情報を街金が公式に発表することはありません。
ですから、自分からそういった情報をネットを使って、くまなく探すようにしなくてはいけません。
 
▲メニューに戻る
 
black-muryou360x120.jpg
 

 

街金でも貸してくれないときは?

街金で貸してくれないことがあるのかというと、これはあります。

というのも、街金は現在の属性を重視しているので無職の人、収入のない人にお金を貸すことはありません。ですから、融資の条件として電話による、在籍確認が必須となっているのです。それに収入証明書などを提出して審査にパスすることができます。

そういった人がお金を借りようと思えば、友人知人か身内を頼るしかなくなるのですが、それも角が立ってしまうので、借りにくいということもあるでしょう。そうなると、どうしてお金を工面したら良いのかというと、個人間融資掲示板を利用するのです。

個人間融資と聞くと赤の他人からお金を借りるのも…という人もいるかもしれませんが、赤の他人のほうが、お金を借りやすいとする考え方もあるのです。リスクがあると考える人もいると思いますが、個人間ではお金を貸すほうがリスクがあります。ですから、借りたお金は必ず返すという、当たり前のシンプルなルールで成り立っているのが個人間融資掲示板なのです。

昨今では業者も介在してきています。
ヤミ金などには、くれぐれもひっかからないように気をつけなくてはいけません。
 
▲メニューに戻る
 
black-muryou360x120.jpg
 

どこも審査通らない

消費者金融でお金が借りられないブラックがいたとしたら、完全にお金が借りれないのでしょう。 これが原因でお金が借りれないんだとしても、絶対にお金が借りれない人ではないのです。 ですから、金融機関でお…

どこも審査に通らない時は何処でお金が借りれるの?

消費者金融で何処からもお金が借りれない時、果たしてブラックとかであれば、他にお金を借りる方法ってあるものなのでしょうか? ブラックになった人であれば、大体は口コミ情報などで、カードローン以外でも…
black-muryou360x120.jpg