多重債務でもブラックでも借りれる消費者金融なら金融ブラックでも平気ってことですか?昨今の不景気で今は未曾有の金融ブラック社会だからこそ、ブラックに対応した商品が出てもおかしくありません。

ブラックでも借りられる【どこも審査通らない人】どうしてもお金が必要な時だけね☆

black-muryou360x120.jpg

どこも審査が通らない、どうしてもお金が必要

  1. どこも審査が通らない、どうしてもお金が必要
  2. 大手消費者金融と銀行カードローンの申込ブラック
  3. 審査基準の違う消費者金融への申込はどう?
  4. 消費者金融の限度額である総量規制の審査
  5. 中小消費者金融の申し込みをしてみましたか?
  6. 審査落ちの原因が延滞遅滞なら絶望的?
 
black-muryou360x120.jpg
 

どこも審査が通らない、どうしてもお金が必要

私はどうしても今月中に20万円必要になったために、片っ端から消費者金融に借金の申し込みをしました。名だたるところで言うとア○ム、プ○ミス、レ○ク、ア○フルなどです。ですが、審査に落ちてしまったのです。

実は、この借り入れ以外に借金がありまして、それがネックで審査に落とされたのではないかと思い、審査がゆるいところを探してさらに申し込みをしました。それはオリ○クスやじ○ん銀行、楽○カードなどです。しかし、どこへ行っても審査に通らず、貸してもらえません。

それを知人に相談したところ、申し込みブラックになっているのではないか?と言われてびっくりしました。申し込みブラックとは、消費者金融の申し込みをするときに、一度に何件も申し込みすることで、消費者金融側への印象が悪くなり審査が通らなくなってしまう事です。

知人に言われて気づきましたが、そういえばそんなようなことを言われたような気もします。気づくのが遅かったようです。この場合、情報機関に6ヶ月は申し込みブラックとして名前が残ってしまうようなので、他の方法を考えなければなりません。ああ、どうしましょうか。

関連記事→審査が通らない人のカードローン
 
▲メニューに戻る
black-muryou360x120.jpg
 

大手消費者金融と銀行カードローンの申込ブラック

カードローンの審査で、全滅の方もいます。全部審査落ちであり参ったよというのです。
よくあるよね?でも、少し時間が経つと借りれることもあるらしい、なんて聞きませんか?
 

ローンカードのあるキャッシングの申込

たいていカードローンと言えば、大手消費者金融や銀行カードローンを指すことが多いです。
大手消費者金融と言えば、数社しか存在していないのですが、全滅という人はすべて申込をしたのでしょうか?

大手消費者金融の場合は、申込も方法だけでも審査に通らないことがあります。
銀行カードローンも同様です。どこも審査が通らない方は、一度申込内容を確認させて下さい。
 
black-muryou360x120.jpg
 

その日のうちに続けて申込

申込ブラックという言葉がありますが、審査落ちを続けて申込をすると、半年間はブラックリストになります。

これは、プロミスに申込して審査落ちですぐにアコムに申込をするようなことです。同じ大手消費者金融の申込を2社続けて行うこと、または銀行カードローンでも審査落ちだというのに、申込をしている事実に審査は通らないと判断されます。

この内容で、2件目で審査に通ることがあります。
それは、それでOKですが、続けて審査落ちをしたときには、その後の申込はしばらくしないことです。
 

どうして続けて申込したらNGなの?

1件目の申込のときに何かしらの入力間違えだったりすることがあります。
審査落ちも間違えになります。このときには、訂正ができれば大丈夫ですが、そのまま2件目に移ったとします。

大手消費者金融1件目の信用情報では金融事故情報などがあり借入ができない、もともと審査に通らない場合は、間違いでも無く、1件目も2件目も続けて審査に通らないです。

続けて申込ということは、金欠であり、返済能力が低いと判断されていますことが多いです。大手消費者金融に短期間での審査落ち登録はその上で申込ブラックという金融事故情報を生むことになります。

こうなると、大手消費者金融と銀行カードローンの審査が一切通らないことになります。
 

しばらくの辛抱

申込ブラックの金融事故情報は半年間で消えます。
もし、続けて大手消費者金融や銀行カードローンに申込をしたのなら、半年間は新規キャッシングができないようです。その間に多重債務は債務を減らす事が妥当であり、金融事故情報があるなら、綺麗にすることが必要です。

申込ブラックだけは、金融事故情報がない方も続けて申込をする行為で起こってしまいます。
必ずブラックリストしか起こらないことはありません。
あちこちの大手消費者金融の審査が通らないと簡単に申込はしないことです。
 
▲メニューに戻る
 
black-muryou360x120.jpg
 

審査基準の違う消費者金融への申込はどう?

キャッシングやカードローンでは必ず審査が伴います。
このときに、審査基準が違うことを知りましょう。
審査基準のハードルが存在することで、今まで借りられないと思った方の審査通過ができます。
 

審査基準の例

大手消費者金融では、借入件数3件程度と言われています。
ところが、甘い審査の中小消費者金融と街金の平均借入件数許容は4件です。
この時点で、多重債務だけでも1件の差が出ます。

現在3件の多重債務で、まだキャッシングをしたいと言うのなら、間違いなく中小消費者金融にいくことです。
大手消費者金融では審査落ちになってしまうのは必至です。
 
black-muryou360x120.jpg
 

審査基準の違いはそういうことか?

中小消費者金融の審査基準に関しては、総量規制範囲内のことです。
借入件数4件というのも、年収3分の一のキャッシングが基本です。

消費者借り入れだけで、銀行カードローンは対象外です。
自身の多重債務の状態で借りれる金融業者を選択すること、これは自分で判断が必要になります。
 

いわゆるブラック対応

中小消費者金融などの審査基準が低いところでは、大雑把にブラック対応とか、ブラックOKと表現されます。
ブラックとは、ブラックリストのことで大手消費者金融では全て審査落ちになります。
この時点でもブラックリストになったら、中小消費者金融と街金の申込が良いということが理解できるでしょう。
 
black-muryou360x120.jpg
 

審査基準を下げると

カードローンランキングでは低い審査基準、甘い審査は不可能です。
カードローンと言えば、大手消費者金融か銀行カードローンになりますが、厳しい審査になってしまいます。

審査基準が甘い、金融事故情報があっても、ブラックリストでも借りれる。
そんな審査が甘いところでの申込で、借りれる事ができるのなら、審査を受けてみて下さい。
 

審査内容はいろいろ

カードローンよりは提出書類も多いですし、面倒です。中は来店しなればならないところもありますし、地域限定や途中まで良い審査で突然審査落ちになることもあります。

中小消費者金融の甘い審査基準で、借りたお金をいかにきちんと返すか?です。
極端な言い方ですが、良いプレゼンテーションができれば、審査に通りやすいです。今まで、大手消費者金融カードローンでなかなか審査に通らない方は、中小消費者金融と街金の審査を受けて見ることをオススメします。

全国対応なら振込キャッシングですが、来店審査では、すぐに即日融資も可能です。
大手消費者金融でさんざん審査落ちだったというのに、中小消費者金融であっさりと借りれると評判です。
 
▲メニューに戻る
 
black-muryou360x120.jpg
 

消費者金融の限度額である総量規制の審査

大手消費者金融カードローンのキャッシングとクレジットカードのキャッシングは同じ限度額です。
しかし、銀行カードローンの限度額は別物です。
 

多重債務者になったらわかる

大手消費者金融とクレジットカードのキャッシングの限度額は合算です。
年収3分の一の総量規制が限度額ですが、消費者金融全体とクレジットカードのキャッシングでは合わせていくら?という数え方をします。ですから、どちらかで借りてしまったら、片方の限度額が少なくなるのは当然のことです。

カードローンで借り入れをしていないのに、限度額が減少しているのは、こうした事情があります。
審査の際に総量規制が確認されるので、どちらかに多く借り入れをしていると、金融ブラックになり、審査に通らないことになります。多重債務の推奨ではないのですが、借りるときには限度額が同じことを確認されると良いでしょう。
 
black-muryou360x120.jpg
 

銀行カードローンは別

銀行カードローンの限度額は、消費者金融のものとは同じではありません。
総量規制対象外として独自の審査をしますが、厳しい内容になっています。
消費者金融との合算はないですが、多すぎる信用情報では総量規制に大きな影響を与えます。

大手消費者金融も銀行カードローンも、それぞれに借り過ぎや延滞遅滞を確認されます。
多重債務者だけではなく、過去の情報としての債務整理の部分でも、審査は大変でしょう。限度額が違うことで、審査が調べられないかと思いますが、調べる内容として他社借り入れについては、いちいち監視されています。

信用情報の審査では、総量規制範囲内の借り入れは第一ですが、総量規制対象外のキャッシングについてもや葉の確認をします。ですから、総量規制範囲内であるキャッシングでも、銀行カードローンの借り入れが多いと審査落ちになることがあります。反対の審査も同様です。
 

目的ローンになると

総量規制対象外のローンが、住宅ローン、カーローンになると、それほど影響がありません。
多額の住宅ローンの返済をしている方でも大手消費者金融カードローンの審査に通る場合があります。
やはり年収3分の一範囲内の限度額になりますが、銀行カードローンのキャッシングの審査とは別の観点からの審査になるようです。

クレジットカードにしても、銀行カードローンにしても、お金を借りている点ではの審査がポイントになります。
キャッシングの審査、お金が借りられないというときには、多重債務などは要注意です。

また、銀行カードローンは総量規制対象外だからと軽く考えない方が良いかもしれません。
キャッシング全体のバランスが問われる審査になります。
 
▲メニューに戻る
 
black-muryou360x120.jpg
 

中小消費者金融の申し込みをしてみましたか?

お金を借りられないというときに、中小消費者金融や街金でのキャッシングができる場合があります。
それは何?カードローンとは違うの?
 

カードローンがある場合も

中小消費者金融と街金とは、CMも行っていない小規模な金融業者です。
現在は、インターネットの口コミ情報サイトで、全国の中小消費者金融を確認することができます。

ここでのメリットは、大手消費者金融で借り入れができない方で、ブラックでもキャッシングができることです。
特に、債務整理者などで、信用情報で金融ブラックとなっている場合でも、審査次第で借りれるメリットがあります。そこで、中小消費者金融の審査の注目点を見てみましょう。
 
black-muryou360x120.jpg
 

基本的に誰でも申込ができる

このキャッシングで誰でもというのは、収入があることが必要です。
大手消費者金融では20歳以上で安定収入がある方が申込ができます。
中小消費者金融も同じです。収入があるということは、返済ができることを意味します。

多重債務で大手消費者金融審査落ちでも、数万円のキャッシングができて完済ができる。
債務整理者でブラックリストだけど、返済能力が高い収入を維持している。
中小消費者金融ではもそうした方を中心にして少額融資を行っています。

審査内容は公開はありませんが、口コミからこうしたブラックリストでもキャッシングが行なわれているようです。派手なことではなく、数万円を利息制限法20%でようやっと借りれるというのが現状です。
助かった、この2万円という中小消費者金融ユーザーも少なくないです。
 

中小消費者金融で確かに借りるためには

収入証明書が1万円のキャッシングでも必要になります。
契約書も交わすことになりますので、事務的手続きが多いです。

その時に、必ず返済する内容の契約をしなければならないことです。いい加減な態度では絶対に審査に通らないのですが、まだ返済ができるだけのこうした理由があると言えることです。

中小消費者金融の審査では、申し込み確認ということで、必ず連絡がきます。
この電話に出なければ、審査は進まないというのが、特徴です。

大手消費者金融には申し込み内容に問題がなければ、コンピュータースコアリングシステムで機械的な審査で完了です。ただし、中小消費者金融では、人の手と審査の会話でその内容が決まります。
ですから、信用情報でちょっとマズイけれど、今回借りたいお金が返せると宣言できることが必要です。
その証明としての収入証明書だったり、在籍確認があるのですが。

多くの中小消費者金融ではインターネット申し込みになっていますが、その後の審査では来店が必要なこともあります。まだ、大手消費者金融しか申し込みをしていなくて、どこも借りられない、どこも審査が通らない方は、中小消費者金融にいくことをオススメします。街金というのは、中小消費者金融と同じ意味の金融業者です。
 
▲メニューに戻る
 
black-muryou360x120.jpg
 

審査落ちの原因が延滞遅滞なら絶望的?

信用情報とは、キャッシング、クレジットカード、各種ローンの契約から完済までの記録です。
どんな借り入れにしても、金融業者では必ず信用情報の確認をします。
携帯電話の機種クレジットのときも、信用情報を見て契約の判断をします。
「借りた」事実と「返した」事実が羅列されているのが信用情報です。
 

ブラックとは?

この信用情報に不都合な記録がされた瞬間、ブラックリストになります。
ブラックリストの言い方は俗語です。

わかりやすい言葉として、信用情報に金融事故がある方を指します。
借りているけれど借り過ぎ、返していない、債務整理をした。
そのようなことが金融事故に当たります。

この金融事故、ブラックを嫌うのが、大手消費者金融、クレジットカードのキャッシングとショッピング、銀行カードローン各種ローンの審査です。何か1つでも金融事故があると借りられないということになります。

携帯電話の機種の購入を分割したいときも同じです。
信用情報ブラックになります。
 
black-muryou360x120.jpg
 

中小消費者金融で借りれると聞いたけれど

金融ブラック対応の中小消費者金融では、一部の金融事故の方でも借り入れができます。
しかし、完全に借り入れができないのが、延滞と遅滞をしているときの申し込みです。
延滞していた、遅滞していたではなく、ともにしている状態での申し込みの審査では、借り入れができません。

大手消費者金融の返済のために中小消費者金融で借りたいとか、すでに長期延滞で大手消費者金融では審査落ちだけど、甘い審査の中小消費者金融では借りれるよね?このような申し込みに関して、審査回答はすべて審査落ちです。
 

延滞しているときには借りられない

どこも審査が通らないというのは、延滞指している信用情報の金融事故があるときです。
返済のために借りたいと言うのは、とても心情的には理解ができます。

ただし、その借り方はすべてのキャッシングで不可能なことであり、中小消費者金融での対応もありません。
返せない借金の申し込みができないのは、中小消費者金融が正規の安定安心な金融業者だからです。
 

延滞してしまったら?

返済ができるのなら、金融業者に話しをして返しましょう。
遅滞でも返済ができるのなら良い対応です。

しかし、その後の中小消費者金融の申し込みについては、この事実を突かれます。
過去の遅滞延滞していたことで、当社でも同じことをされるのではないか?と疑われることは必至です。
その不安を払拭することができるのであれば、キャッシングができないとは言えないですが。

信用情報上での延滞と遅滞に関しては、どんな場合でも行なわないことです。
どうしても延滞しそうなときには、事前に返済日の前の連絡をしましょう。
その後も返済ができないのなら、債務整理がオススメです。
 
▲メニューに戻る
 
black-muryou360x120.jpg

関連ページ

black-muryou360x120.jpg