多重債務でもブラックでも借りれる消費者金融なら金融ブラックでも平気ってことですか?昨今の不景気で今は未曾有の金融ブラック社会だからこそ、ブラックに対応した商品が出てもおかしくありません。

ブラックでも借りられる【どこも審査通らない人】どうしてもお金が必要な時だけね☆

black-muryou360x120.jpg

ブラックでも借りれるキャッシング口コミ

  1. お金を借りるにはどうしたらいい?
  2. ブラックでも借りれるキャッシング
  3. ブラックでも借りたい
  4. ブラックでも何とかして借りたい
  5. ネットの口コミを参考に
 
black-muryou360x120.jpg
 

お金を借りるにはどうしたらいい?

お金を借りるにもいろいろな方法があります。また、必要な金額によっても違うでしょう。1万円あるいは2万円というのでしたら、友人から借りたほうが手っ取り早いかもしれません。

しかし、友人からお金を借りるときはしっかりと返済する期日を伝えて、その日までに必ず返済するようにしましょう。友人とのお金の貸借りはちょっとしたボタンのかけ違いで、友人関係そのものが崩壊することにもなりかねないのです。

ですから、友人知人からお金を借りるときはしっかりとした返済計画を立てて、友人にもきちんと説明して借りるようにしたほうがいいでしょう。

返済する目処もないのに、お金を友人から借りるのは止めたほうがいいですね。これは、他のどこからお金を借りるにも同じなのですが、友人との関係を壊したくないのでしたら、尚更注意してお金を借りるようにしたいものです。

そして、やはりお金を借りるなら銀行カードローンがいいでしょう。なんといっても金利が低いのが魅力です。他にも消費者金融会社のカードローンがありますが、同じお金ですから、金利が低い方が魅力的です。同じ商品を買うのなら少しでも安いほうがお得というのと考え方は似ていると思っていいでしょう。

しかし、一方で銀行カードローンは審査が厳しいと言われています。これは、お金の借りやすさという意味なのですが、消費者金融会社のカードローンのほうが審査は厳しくなく、銀行カードローンよりも借りやすいとされているのです。お金の借りやすさを属性という言葉で表すことが多くなっています。簡単に言うと信用度とか返済能力に置き換えてもいいのですが、銀行カードローンの場合は特にこの属性が高くなければお金を借りることはできません。

銀行が重視しているのは、雇用形態です。雇用形態が正規雇用でしたら審査に通りやすくなるでしょうし、反対に非正規雇用の人でしたら審査には通りにくいでしょう。特にパートアルバイトの人でしたら、銀行カードローンの審査にはなかなか通らないと思います。銀行カードローンの審査が厳しいのは、口座開設者からお金を預かっていることが大きいでしょう。銀行カードローンの原資が口座開設者から預かった預金ということになると、貸し倒れには十分注意しなくてはいけません。そういった意味からも銀行カードローンの審査は厳しくなっているのです。

ですから、正規雇用されている収入が安定している人にしか融資をしないということになります。銀行カードローンに融資の申し込みをすると、一頃までは即日融資という言葉が盛んに文言として出てきていました。しかし、現在では即日あるいはスピード融資という言葉はなくなっています。これは、銀行カードローンが即日融資できなくなったからなのです。

理由は、従来に審査にさらに警察庁のデータベースに照会するといった行程が組み込まれたからです。これは警察庁からの通達なのですが、不正融資を防止するための施策です。この行程が入ることによって即日融資ができなくなったというのが経緯なのです。警察庁のデータベースに照会して、その照会情報を得るには少なくとも最短で翌日ということですから、銀行カードローンの即日融資というのが実質的に無理となったのです。

銀行カードローンに融資の申し込みをしても借入れできない場合は、消費者金融会社のカードローンに頼るしかありません。一般的に消費者金融会社のカードローンの審査は銀行カードローンの審査と比べて審査基準が低く、パートアルバイトの人でも十分に借り入れ可能となっているのです。

もっとも、銀行カードローンの審査に落ちたので、すぐに消費者金融会社のカードローンに融資の申し込みをしようとする人がいます。そういった場合は十中八九審査に落ちるようです。それは、審査に落ちてすぐに次の融資の申し込みをするからです。というのも審査に落ちたという情報は、信用機関を通じて銀行名度の金融機関、消費者金融会社などの貸金業者について情報が共有されているのです。

ですから、カードローンの申込者の情報から信用情報機関に照会して、他のカードローンの審査に落ちたという情報を照会できたら、何か問題があって審査に落ちたということですから、「うちの審査も通すわけにはいかない」ということで、その時点で審査落ちとなってしまうのです。実際にこういったことはよくあります。

審査落ちした情報が共有されているというのは一般の人にはわかりづらいので、お金が欲しいのに審査に落ちて借りることができない…とんなると、すぐにでも他のカードローンに融資の申し込みをしたくなります。しかし、審査に落ちたという情報は6ヵ月感は信用情報機関に記録されることとなっているのです。ですから、カードローンの審査に落ちて次の審査には通りたいということでしたら、最低でも6ヵ月は待ったほうがいいということになります。それでも、そのときに審査に落ちた原因なども解決しないと、同じように審査に落ちてしまう可能性が高いので注意しましょう。

審査に落ちる落ちないというのは自分ではどうしようもありません。無借金で正社員であったら、銀行カードローンの審査にも通る確率は高くなるのですが、例え正社員でも他の借入れが多い場合は属性が下がってしまうので、審査に落ちることもあるでしょう。審査に落ちてしまうと6ヵ月待たないと融資の申し込みをすることができないのは、俗に申込みブラックと呼ばれているのですが、そうなると、本当にお金が欲しいときに6ヵ月も借りることができないのでしたら、場合によっては死活問題にもなるでしょう。

そうならないためにも、銀行や消費者金融会社で借りる以外にもお金の調達方法を日頃から考えたおいたほうがいいのは、言うまでもありません。しかし、友人知人からお金を借りるのでしたら、1万円2万円といったところでしょう。一過性でいいのであれば、家の不要品を買取業者に買取ってもらうなどの方法が考えられます。また古本などさらにはコミックなどがあれば、内容によっては高価買取が可能でしょう。

さらには、これはと思うものは買取業者よりもネットオークションに出品するといった方法もあります。全国の人が対象となるので、自分にとっては不要品でも、他人にとってはお宝といった場合もよくあるのです。ネットオークションの場合は思わぬ高値になることもあるので、こればかりはやってみないとわからない部分もあるのですが、似たような商品がどのくらいの値がついているのかも調べてみるのもいいでしょう。
 
▲メニューに戻る
 
black-muryou360x120.jpg
 

ブラックでも借りれるキャッシング

消費者金融会社は貸金業者ですから、お金を貸すことでしか収益をあげることができません。ですから、銀行カードローンでは審査に通らないような人にも、積極的に融資をしているのです。

消費者金融会社は全国に2,000社近くあります。これは消費者金融会社の数としてはかなり減少しました。20年前の2000年前後には、消費者金融会社の数は全国で3万社を超えていたということですから、この20年の間に消費者金融会社は激減したことになるのです。

これは、消費者金融会社がサラ金と呼ばれて、厳しい取り立てなどがあった時期と重なります。それ以降、消費者金融会社過払い請求やグレーゾーン金利の撤廃、さらには総量規制など様々な法整備が行われて、消費者金融会社がどんどん淘汰されていったのです。逆に考えると体力のある、全うな貸金業者が現在残っているといってもいいかもしれません。

消費者金融会社は、その業容から大手消費者金融会社、中小消費者金融会社、街金に分かれます。大手消費者金融会社は知名度も高く、アコムやプロミスといった名前は誰でも知っていることでしょう。消費者金融アイフルもあります。一般に知られているカードローンはこうした大手消費者金融会社が取り扱っているフリーローンです。

他にも一部の中小消費者金融会社がカードローンを取り扱っていますが、消費者金融会社全体で見ても、カードローンを取り扱っている消費者金融会社はかなりの少数派と考えていいでしょう。消費者金融会社のほとんどが、中小消費者金融会社あるいは街金で占められているのですから当然ですね。そして、大手消費者金融会社よりも中小消費者金融会社のほうが、融資の申し込みに対して審査は甘くなっています。

さらに中小消費者金融会社よりも街金のほうが審査が甘いです。反対に審査が甘くなるほど金利は高くなっていると考えていいでしょう。街金のローンはほとんどの場合で、上限金利である20%を採用しています。もっとも、融資金額が少ないほど金利を高く設定しているので、街金の場合はほとんどが少額融資であることを考えると、上限金利設定も仕方のないことと言えるでしょう。

そして、気になるのがブラックでもキャッシングできる消費者金融会社はあるのかということです。ブラックというのは、金融事故を起こして信用情報機関にその金融事故情報が記録されている人です。金融事故を起こすと漏れなく債務整理ということになります。債権側である金融会社や貸金業者、あるいはそこから依頼を受けた債権回収業者などと債務整理について交渉しなくてはいけないのです。

ローン利用者がそういった金融の専門家と交渉するのは無理があるので、たいていの場合は弁護士に依頼して交渉にあたってもらうことになります。
 
▲メニューに戻る
 
black-muryou360x120.jpg
 

ブラックでも借りたい

一般的にブラックになると、お金を借りることはできません。また、クレジットカードも作ることができないのです。債務整理になった状況で、クレジットカードは利用停止となります。また、そうならないまでも次の更新時期には通知がないかそのままクレジットカードの更新切れとなってしまうのです。

債務整理に陥るのは、まずは返済ができずに延滞してしまうことが発端です。そうなると次の月には倍の返済となってしまうので、一度でも延滞してしまうとすぐに資金繰りが悪化してしまうのです。というよりも延滞してしまうと、そのまま債務整理までいってしまうことが多いと言えるでしょう。

ブラックになってしまうとどこもお金を貸してくれないので、どうしてもお金が欲しい人はヤミ金からお金を借りてしまうケースもあります。闇金と知らずにお金を借りてしまうこともありますから、気がついたときはできるだけ早く弁護士に相談するなり対策を講じたほうがいいです。

返済利息ばかり返済させて、元金はそのままというのが闇金の手口でもあるので、いつまでもお金をむしり取られることになります。
 
▲メニューに戻る
 
black-muryou360x120.jpg
 

ブラックでも何とかして借りたい

ブラックになるということは、債務が多少減額されたり、返済利息が軽減されたりして、債務者にとって返済しやすくなります。これが債務整理の中の任意整理という返済方法です。

これはこれで、債務者にとってはメリットなのですが、返済利息だけではなく元金の減額まで求められるのですから、債権者側にとっては大きな不利益となるのです。

ですから、ブラックとなった債務者には社会的制裁として、一定期間はどこからも借入れができなくなるのです。特に銀行などの金融機関や、モビットといった大手消費者金融業者からは融資を受けることはできないでしょう。

それでもなんとかして借りたいというのでしたら、信用情報機関を通さずに独自審査を行っている中小消費者金融会社か街金を探すことです。ブラックでも貸します、と宣言している消費者金融会社はさすがにないと思いますが、自己破産をしたような人は借金が帳消しになっているので現在の属性だけをみたら、働いている人でしたらかなり属性が高くなります。そういった人に、独自審査をしている貸金業者でしたら、融資をしてくれる可能性があるのです。
 
▲メニューに戻る
 
black-muryou360x120.jpg
 

ネットの口コミを参考に

ネットの口コミサイトでは、ブラックでも借りることができたという投稿がたくさんあります。

自分の属性などを詳しく書いている人もいますから、自分の属性と照らし合わせて、合致するような人が借りることができた消費者金融会社に融資の申込みをするのもいいでしょう。

ブラックでも実際に融資をしてもらった情報があれば、かなり心強いのは言うまでもありません。
 
▲メニューに戻る
 
black-muryou360x120.jpg

中小消費者金融と口コミ 必ず確認を

中小消費者金融に申込をするときには、必ず口コミを確認してください。 これは、中小消費者金融の存在を知っている方も確認は必要です。     いろいろ噂聞くよね? 中…

中小消費者金融と闇金の関係

中小消費者金融はヤミ金だと言われることが多いです。大手消費者金融のようにネームバリューがない、ブラックでも借りれる、他社で借りられない方でも貸してくれるといったことで、違法行為だから?と誤解されていま…
black-muryou360x120.jpg