多重債務でもブラックでも借りれる消費者金融なら金融ブラックでも平気ってことですか?昨今の不景気で今は未曾有の金融ブラック社会だからこそ、ブラックに対応した商品が出てもおかしくありません。

ブラックでも借りられる【どこも審査通らない人】どうしてもお金が必要な時だけね☆

black-muryou360x120.jpg

債務整理と審査 しばらく借りれないけれど延滞よりはずっと良い

債務整理は、返済できない借金を法的に債権者との交渉で返済を減額する方法です。
返済できないから、債務整理をしたいというのは簡単に言うことができます。
しかし、実行までには、書類提出などが必要ですが、返済ではない理由がなくてはならないです。
 
black-muryou360x120.jpg
 

ブラックリストになりますから

債務整理は、債権者にとってみれば、不本意な契約不履行です。
金融事故として、信用情報ではブラックリストになり、しばらくの間大手消費者金融も銀行カードローンも審査通らないです。ただし、債務者が返済ができないと法的手段で解決しようという行為は決して悪いことではないです。

ブラックリストというと、返済をしない、債務整理もしないで消費者金融会社からの請求を無視した延滞している状態でも金融事故者になります。総量規制にも余裕があっても、返済すべきお金を返していないことが事故情報になります。債務整理をしても延滞をしても同じブラックリストになり、審査に通らない申込者です。
 

あなたならどちらを選択

同じブラックリストなら、放っておこうという方が実に多いこと。
債務整理は面倒だし、返済できない理由というのも、だるいから返済しないし、延滞しているから面倒。
そんな方の少なくないですが、延滞の先にあるものは何だかわかっているのでしょうか?
いわば借金からの逃亡ですが、金融機関では放っておくことは絶対にないです。

数年間延滞をし続けていた方の中で、悲惨なことに給与からの差し押さえに遭っている方がいます。
差し押さえというと、自宅で金目のものを持っていくのではなく、毎月の給与から、一定のお金を引き落としされることです。金融機関も金融業者も払うものは払ってもらいますからというスタンスであり、その時には金利は30%近くに膨れ上がっている場合が多いです。
 

債務整理のブラックリスト

一方、債務整理は1年程度の手続きがありますが、弁護士依頼でもっと早くに完了をします。
面倒で返済をしない場合でも、弁護士が間に入り、法的手続きの上、返済ができるのなら任意整理などで解決ができます。

なお、この場合のブラックリストは一生ではなく、10年程度何もしなかったら、また借りれるようになります。
債務整理の代償としては、多少痛いですが、中小消費者金融などの甘い審査であれば、債務整理数年後の審査で借りれる場合もあります。

返済できない債務の場合は早めの債務整理がおすすめであり、延滞などは絶対にしないことです。
差し押さえ絶対に悲惨なことだって。
 
black-muryou360x120.jpg
black-muryou360x120.jpg