多重債務でもブラックでも借りれる消費者金融なら金融ブラックでも平気ってことですか?昨今の不景気で今は未曾有の金融ブラック社会だからこそ、ブラックに対応した商品が出てもおかしくありません。

ブラックでも借りられる【どこも審査通らない人】どうしてもお金が必要な時だけね☆

black-muryou360x120.jpg

お金を借りたいが審査が通らない人がチェックすべき申し込みポイント

お金を借りたいが審査が通らない人は、
キャッシング審査の前の、最終確認をきちんとしていないことで、
審査に落ちてしまっている場合もあります。

キャッシングに申し込みする前に、
チェックすべきポイントはどのような部分なのか、ご紹介いたします。
 
black-muryou360x120.jpg
 

 

お金を借りたいが審査が通らない人は申込み前のチェックが甘い

お金を借りたいが審査が通らない人は、キャッシング申し込みの際に、
申し込み内容を、きちんとチェックしていない人が多いようです。

早く申し込むべきだと焦ってしまい、
細かく確認せずに、申し込んでしまうようです。

申込み前にきちんとチェックしておけば、
審査落ちせずに済んだケースは、たくさんあります。

キャッシングの審査落ちとしないためには、
申し込み前の確認を、細かく行うようにしましょう。
 

キャッシング申込み前の最終確認ポイント

キャッシングの申し込み前には、
以下のようなポイントに目を向けて、再確認するようにしましょう。
 
black-muryou360x120.jpg
 

 

書き間違えがないか

意外と多いのが、申し込み内容の書き間違いです。

早くキャッシングへとつなげたいために、焦って申し込んでしまうようです。
急ぎたい気持ちがわかりますが、テストと同じで、
見直しというのは、とても大事となります。

名前や住所など間違える可能性が低い部分も、
細かくチェックして、間違いがないかを確かめるようにしましょう。

個人情報に間違えがあった場合でも、審査落ちとなってしまうことがあります。
 

嘘は記載していないのか

キャッシングの申し込みの際によくあることといえば、嘘を記載してしまうことです。

よくあることといえば、現状より良く書いてしまうことです。
1番多いケースは、年収を多く書いて総量規制の金額を上げることです。
少しくらいはバレないと思うかもしれませんが、
そのような違いというのは、すぐにバレてしまうものです。

また、他社借入金額や、件数も嘘をついてしまう人も多くいます。
他者借入金額や件数は、個人信用情報機関を情報開示して、
チェックするとすぐにわかります。

そのため、いくら嘘をついてもバレてしまうのです。

申し込みの際の嘘は、すぐに見破られてしまいます。
そして、嘘をついた人は信用性が無くなってしまい、
その後、他社の審査にも通らなくなってしまうことがあります。

きちんと見直しをして、嘘は訂正するようにしましょう。
 
black-muryou360x120.jpg
 

 

他社ご利用に遅延や延滞がないか

他社ご利用に遅延や滞納がある場合は、審査の対象とはなりません。

銀行や消費者金融などの金融業者は、他社の遅延や滞納を1番嫌います。
その理由は、他社の支払いを守れない人に融資しても、
期限通りに返済してくれる補償がないからです。

支払いができるかわからない相手に、お金を貸すわけがないですよね。
そのため、絶対に審査は通りません。

キャッシング新規申し込み前には、他社の遅延や延滞状態を解除しておきましょう。
返済しても、個人信用情報機関に遅延や延滞の過去は残りますが、
中小消費者金融の場合は返済した記録があれば、審査の対象とする場合が多くあります。

銀行カードローンや、大手消費者金融のカードローン会社では難しいかもしれませんが、
中小消費者金融なら、審査対象になることを望めますよ。
 

債務整理をしている

自己破産などの、債務整理の金融トラブルの記録が、
個人信用情報機関に記録されている場合は、審査の対象とはなりません。

銀行や大手消費者金融会社の場合は、
債務整理の記載があるうちは、審査の対象とならない場合があります。
中小消費者金融の場合は、債務整理をして1、
年以上経っている場合は審査の対象とする場合もあります。

債務整理をして1年以上経っている場合は、
中小消費者金融の審査を、受けてみるといいですよ。

銀行や、大手消費者金融の審査に通りたい場合は、
個人信用情報機関に、債務整理の記載があるうちは審査の対象とはなりません。

債務整理の個人信用情報機関への記載の期間は、
内容によって、5~10年間となっています。
 
black-muryou360x120.jpg
 

 

申し込みブラックとなっていないか

1か月の間に、3か所以上の金融機関に申し込みをしていると、
申し込みブラックとなってしまい、審査の対象となりません。

申し込みの際は、他者にも申し込んでしまったのか、
申し込んだのであれば、何社に申し込んだのかチェックしましょう。

1か月の間に、既に2社に申し込んでしまったのであれば、
今は、申し込まないようにしましょう。

申し込みブラックとなってしまったら、
個人信用情報機関に、6か月間記載されてしまいます。

この間は、新たなキャッシングの申し込みは受け付けてもらえません。
 

自営業や個人事業主の人は収入の安定を示す書類を用意する

近年多い自営業や個人事業主の方は、収入の安定度を金融業者に示す必要があります。

いくら、たくさん稼いでいて会社員よりも多くても、
収入の安定度を証明できなければ、不安定な収入の人とみなされてしまいます。

自営業や個人事業主というのは、
いつ収入減が途切れてしまってもおかしくない状態です。
そのため、収入を証明できる書類を提示することが、
審査に通るための大きなカギとなるのです。

納税証明書や確定申告書など、
収入を証明できる、書類を用意しておくようにしましょう。
 
black-muryou360x120.jpg
 

 

キャッシング申し込みの際は焦らない

キャッシング申し込みの際に、これらのポイントをチェックできない人は、
申し込みの際、焦ってしまっている人が多くいます。

早く融資につなげたいので、急いで申し込んでしまうのです。

しかし、間違った内容など、
申し込みに伴っていない内容であれば、急いでも全く意味がありません。

時間をかけてゆっくりチェックして、
申し込み内容に間違いがないのかを、確かめた上で申込みをしましょう。

本来は審査が通る人なのに、
これらのチェックで、審査落ちしてしまうなんてもったいないことです。

いかがでしたでしょうか。
キャッシングの新規申し込みの際は、
これらのポイントを見逃して、申し込んでいる人も多いようです。

ゆっくり細かく見直しをして、審査落ちとならないようにしましょう。
 
black-muryou360x120.jpg
 
black-muryou360x120.jpg