多重債務でもブラックでも借りれる消費者金融なら金融ブラックでも平気ってことですか?昨今の不景気で今は未曾有の金融ブラック社会だからこそ、ブラックに対応した商品が出てもおかしくありません。

ブラックでも借りられる【どこも審査通らない人】どうしてもお金が必要な時だけね☆

black-muryou360x120.jpg

ブラックとホワイト?ホワイトって何?

収入などがほぼ同等の方で消費者金融の利用が初めてと2回目では、審査がどちらか通りやすいでしょうか?
意外にも2回目がすぐに借りることができます。
これは、個人信用情報機の完済記録が信用として存在しているからです。

個人信用情報機関とは、今までさまざまな借入と返済をしてきた情報が詰まっています。
キャッシングだけではなく、クレジットカード利用、カーローン、住宅ローンなどもですが、ケータイの機種代をローンにした方も情報が入っています。
いつどこでいくら借入をして、どんな返済をしてきたかなどがすぐにわかるのです。
審査に通らないというのも、ここで延滞をしていたり、多重債務の情報がすぐにキャッチできます。

今まで、借金をしていない方は、スーバーホワイトと呼ばれています。
情報が白紙という意味です。
一度でも借金をしていれば、記録が付き、そこで完済があれば、信用できる人だと言うことになります。
もちろん、そのほかの情報を加味した上で審査は決まるのですが、初めてキャッシングが必ずしもベストなのか?というとそうではないということです。

白紙の信用情報ではもうひとつのホワイト(スーパーは付きません)があります。
それは、別名喪明けとも言われる債務整理から5年以上経過した方です。
ブラックリストでなくなる方、再びキャッシングができる身分に復活した方たちです。

よく債務整理後は数年間借入ができないブラックリストと言いますが、その後はホワイトになるのです。
この場合、審査は通りますが、事故情報に厳しい金融機関などでは、10年間程度「喪」の状態が続きます。
反対に審査が甘いとされる中小消費者金融では、1年くらいで一部ホワイトの状態で、キャッシングができます。

ブラックリストとスーパーホワイト、ホワイトと個人信用情報ではさまざまな表現をします。
キャッシング審査では、このどれにも属していないことが最高の環境といえるでしょう。
そのような方の申込が嬉しい消費者金融では、一度でもキャッシング経験をして、完済している方を歓迎しています。
中小消費者金融、二流消費者金融、小規模消費者金融などでは、審査そのものが甘いですから、たいていのブラックリストにも対応しているみたいですが、現在進行形の延滞者と無収入には容赦なく審査落ちの判定を出します。
black-muryou360x120.jpg