多重債務でもブラックでも借りれる消費者金融なら金融ブラックでも平気ってことですか?昨今の不景気で今は未曾有の金融ブラック社会だからこそ、ブラックに対応した商品が出てもおかしくありません。

ブラックでも借りられる【どこも審査通らない人】どうしてもお金が必要な時だけね☆

black-muryou360x120.jpg

消費者金融ではなく銀行で借りられる?

金融機関の申込で、審査が通らない場合、その金融機関ではブラックリスト扱いになります。
ただ、それぞれの審査基準が違いますから、銀行はNGでも消費者金融はOKと言うように、ある一箇所がダメでも毛色の違う金融機関の申込で借り入れができることは良くあることです。
そして、一般的には、銀行が厳しい、消費者金融の方が甘いと言われています。

銀行と消費者金融は貸金の法律が違います。
消費者金融は総量規制と言って年収の3分の一までの限度額になります。
300万円の年収なら100万円と規定されています。
これは多重債務でも適用される厳しいものです。
ところが、銀行はその限りではないのです。
良い例が、住宅ローンやカーローンです。
総量規制の範囲内ではなく、多額の借入ができますが、ここまでの金額はないのですが、キャッシングでも総量規制は無関係です。

これは審査基準が違うからで、どのくらい限度額にするかは、審査内容から銀行が決めることができます。
カードローンの範囲内であれば、銀行の判断次第ということです。
それで、銀行の方は審査が厳しいのですが、反対に判断がうまく行けば、総量規制以上の借りてれができます。

また別の物としてクレジットカードがあります。
金融機関ではないのですが、低金利でのショッピングを楽しめたり、おまけ程度のキャッシング枠がついている場合があります。
消費者金融や銀行でキャッシングの申込をすると、このクレジットカードの利用分も勘案されることになりますが、注目は銀行です。

総量規制以上の借入ができるということですが、クレジットカードの審査で借入なりショッピングの分のまとめローンなどの申し込みができる場合があります。
例えば、クレジットカードで30万円のショッピングの支払いが残っているとします。
それも数枚としておきましょう。
そんな形で、銀行や消費者金融での申込で審査落ちになってしまう場合は多いです。
キャッシングではないのですが、返済能力が疑われるからです。

しかし、銀行まとめローンでは、その支払いをするためのキャッシングとして借り入れができる事があるということです。
甘いはずの消費者金融では審査落ちだけど銀行でOKという逆転現象です。
意外なようですが、こんな借り方もありますから、是非チャレンジしてみてください。
一つだけ有利なものとしては、年収が高いか、公務員などの安定した仕事をしていること。
過去の金融事故が10年未満の間にないことです。
black-muryou360x120.jpg