多重債務でもブラックでも借りれる消費者金融なら金融ブラックでも平気ってことですか?昨今の不景気で今は未曾有の金融ブラック社会だからこそ、ブラックに対応した商品が出てもおかしくありません。

ブラックでも借りられる【どこも審査通らない人】どうしてもお金が必要な時だけね☆

black-muryou360x120.jpg

キャッシングできないのなら借りないと言う選択

信用情報は、多くの金融機関や金融業者が共有する記録です。
他社の借入状況、過去と現在の返済記録などがあり、ごまかしようもない内容が詰まっています。
収入証明書を出さないし、借入件数も適当に申告しようと思っても、それはすべてバレバレです。
個人信用情報の内容を審査をすることで、金融機関も金融業者も、借り方の信頼度を測るのです。
 
black-muryou360x120.jpg

金融事故とは?

キャッシング審査に通らないのは、たいてい金融事故があるからです。
金融の事故は銀行ローンなどで返済が遅れたりできない状態。消費者金融会社の返済日に入金がされていない、すでに他社借入件数が多い、債務整理を◯◯日に行ったなどの返済トラブルが多いです。

また、何度も延滞をしていたり貸金業者をあちこち借り過ぎたり、短期間に何十万円もの借金をしているなど、すべての情報が詰まっています。その中で、うまく返済ができない事実こそ、金融事故そのものです。
銀行カードローンと大手消費者金融では、この事実があると審査は通らないです。
 

金融事故の時効

こうした個人信用情報機関の金融事故にも時効があります。
よく債務整理をした場合、5~10年程度は借入ができないといいます。
それはブラックリストだからといいますが、この年数が経てば、普通に借入ができるようになります。

ブラックリストも俗語ですが、借りれるようになった方のことを「喪明け」ということがあります。
5~10年間に借入をしない、キャッシング申し込みもしない期間が続くことで、ブラックリストは消滅でホワイトリストになります。ちなみに、一度もキャッシングもクレジットカードも使っていない方を、スーパーホワイトリストと言います。
 
black-muryou360x120.jpg

ホワイトリストになるために

審査落ち、キャッシング審査が通らないとわかったら、この期間何もしないでいると銀行カードローンも借りれる様になります。と言っても、今現金が手元にほしいのなら、何年間も待つ事はできないでしょう。
無理な相談かもしれませんが、ブラックリストにも時効があることは覚えておくと良いかもしれません。

ブラックリストになっても、中小消費者金融では借入ができます。
ここがポイントで、このブラック対応のキャッシングをしないことがホワイトリストへの道になります。
 

キャッシング審査が通らないときの選択

銀行カードローンでも大手消費者金融でも、多重債務者などで審査に通らないのなら、そのまま債務整理を検討してみてください。現金がほしいのはわかりますが、ここで自らブラックリストになり返済額を小さくすることで、ほしい現金ではなく出費をなくすのです。

それにより、キャッシングの必要がないのなら、最低5年間のキャッシング禁止期間を作ります。
そうすることで、無事にキャッシング解禁となったときに、銀行カードローンや大手消費者金融でも大手を振って借入ができる可能性はあります。
 
black-muryou360x120.jpg

関連ページ

black-muryou360x120.jpg