多重債務でもブラックでも借りれる消費者金融なら金融ブラックでも平気ってことですか?昨今の不景気で今は未曾有の金融ブラック社会だからこそ、ブラックに対応した商品が出てもおかしくありません。

ブラックでも借りられる【どこも審査通らない人】どうしてもお金が必要な時だけね☆

black-muryou360x120.jpg

誰でも作れるカードローン

  1. 金融事故がないのなら、大手消費者金融と銀行のカードローンが借りれる
  2. 同時に申し込みはしない 申し込みブラックの範囲はどこまで?
  3. カードローンの選択について
  4. 専業主婦のカードローン事情
  5. 中小消費者金融カードローンの存在
 
black-muryou360x120.jpg
 

金融事故がないのなら、大手消費者金融と銀行のカードローンが借りれる

プロミスなどの大手消費者金融カードローンなどは申込も簡単です。WEB完結というのはとうの昔に開始されていますが、アプリでも申込ができます。
 

誰でも作れる?

簡単な大手消費者金融カードローンですが、どのホームページにも当社審査に通過する場合とあります。20歳以上で収入がある方と申し込み条件がありますが、審査があることも明記しています。

これは、全てのキャッシング、カードローン、クレジットカードと各種ローンも同じです。審査内容では、申込者が入力した情報を元に個人信用情報機関の確認などをします。

資金調達で簡単大手消費者金融カードローンに申込したものの、借りれるかどうかは審査次第です。既に借入がある、初キャッシングだけど過去の個人信用情報内容などをみていくことが審査です。

ですから、簡単なのは申し込みと審査通過後のキャッシングの早さだけでしょう。簡単に申し込みができるから、誰でも借りれる、誰でも作れるカードローンではないということです。
 
black-muryou360x120.jpg
 

大手消費者金融の審査基準

金融事故がないことが必要です。個人信用情報機関で確認するのは、大手消費者金融ではキャッシング、クレジットカード、各種ローン、銀行カードローンの有無などです。どこかで多く借入があるとか、返済をしていない事実があると事故情報として借入ができないようです。

事故情報が軽微であったとしても、審査通過ができないでしょう。消費者金融はキャッシング専用業者ですが、金融事故があることでは、返済リスクがでてしまいます。そのリスクは大手消費者金融では却下になってしまうと言います。
 

安定収入が認められない

個人信用情報機関ではなく、申込情報では収入や勤続年数が問題ですが、長い勤続年数、収入が安定している職業などでは有利です。正社員であれば高い属性として審査は優位に立ちますが、パートやアルバイトの収入だとしても毎月安定している場合、審査は通ることが多いでしょう。

ホームページでもパートアルバイトでも借りれる。主婦でも収入があれば借りることができますというのが、大手消費者金融の審査です。この情報でも、収入があれば借りれる、簡単カードローンとしても評判になる点です。毎日CMをしている宣伝効果も高いでしょう。

カードローンと言えば、銀行カードローンでは地方銀行の商品がCMしていることでしょう。地域限定ですから、各地で商品は違いますが、審査は一応有利条件であり、大手消費者金融カードローン同様の審査基準になるようです。選択肢としては、債務がない方も初めてのカードローンでは、大手消費者金融、銀行の選択ができます。
 
▲メニューに戻る
 
black-muryou360x120.jpg
 

同時に申し込みはしない 申し込みブラックの範囲はどこまで?

カードローンの審査をする時に、大手消費者金融、銀行カードローンでは全ての個人信用情報機関の審査確認をします。そのときに心得てほしいことがあります。
 

キャッシングと言えば

キャッシングの機会は、消費者金融、銀行、クレジットカードに付帯しています。ここで、消費者金融とクレジットカードは同じ貸金業法範囲内であり、総量規制の限度額は発動しています。銀行カードローンだけは別の銀行法が関係しています。

個人信用情報機関では、それぞれの金融分野での債務や返済の内容を見ます。全てを確認しますので、借入が多い、返済していないと審査落ちになることがあります。ところが、それだけではなく申し込みが同じタイミングの場合、全ての審査に通らないことがあります。
 
black-muryou360x120.jpg
 

1等賞を決めるものではない

大手消費者金融の同時申し込みや短期間に連続した申し込みなどでは、審査落ちの原因になります。その1つが同時にキャッシングの可能性が見るものです。

申込者としたら、どれかで借りれたら良いと言うのですが、申込側では他の申し込みしている事実があれば、不審感がでてきてしまいます。1つのカードローンに限った申し込みの方が有利です。
 

いやいや、口コミでは…

それぞれの審査内容が違うので、申し込みブラックになることはないとありました。口コミによるものですが、大手消費者金融だけ何社も申し込みしてしまうと、申し込みブラックの他の申し込みがあることでお金に困っている人と判断されます。

しかし、大手消費者金融、銀行、クレジットカードのキャッシング同時だとしても、同じ個人信用情報機関を確認することから、ひょっとしたら審査落ちしてしまう可能性があります。
 

私は3つのカードローンを持っている

それは、時間差で申し込みをした方の話しでしょう。

クレジットカードはキャッシング枠ですが、いくらか限度額もあり、大手消費者金融カードローンも作れます。審査の時に借入をしていないなどの条件はありますが。

銀行カードローンでは、審査は別の銀行法になります。それでも、個人信用情報機関の確認の時にいろいろなキャッシングの申し込みしていることがわかると、多分審査落ちになってしまうでしょう。問題としては、同時に申し込みであり、時間差があれば、3つのキャッシングができる方もいます。

審査では、確認される個人信用情報機関だけではなく、実際の年収の審査対象になりますので、要注意になります。あくまでも20歳以上で収入が安定していることが条件の話しです。同時申し込みはしないことです。
 
▲メニューに戻る
 
black-muryou360x120.jpg
 

カードローンの選択について

借りれるカードローンは比較して決めてとのサイトもあります。紹介の形ですが、大手消費者金融、銀行カードローンの違いなどもわかります。
 

何が違う?消費者金融と銀行のカードローン

消費者金融と銀行のカードローンでは、全てが違います。共通点は審査内容です。この2つのカードローンは、20歳以上では収入があることで審査ができます。

金融事故がある場合は、審査落ちになります。審査基準ではブラックリストでは借りれない、個人信用情報機関での金融事故があることでは審査落ちです。

記事では、そこまでのことは書いていないのですが、他社の審査落ち経験者などは、このタイミングの申し込みはしないことです。事故情報が、大手消費者金融も銀行もほぼ審査落ち要因になります。
 
black-muryou360x120.jpg
 

事故情報の内容は?

延滞遅滞者、消費者金融の限度額である総量規制以上の借入がある。単に債務が多い場合も金融事故とみなされます。そして、債務整理者で5年未満でもカードローンの審査通過ができないとされています。

大手消費者金融も銀行カードローンも簡単に借りれるようですが、金融事故がある方は申し込みはしないこと。比較サイトなどでは、おなじみのカードローンがラインナップされていますが、実際にはブラックリストは借入ができないことになります。

細かな審査内容では、金融事故の分類ではそれぞれの審査基準になります。事故情報では、金融業者が判断することが多いでしょう。比較サイトだけではなく、口コミ情報も確認してみて下さい。
 

自身の金融事故を知る

個人信用情報機関でマイナス要因として気をつけたいのが、多重債務者です。2社の債務がある方が大手消費者金融の借入ができないことがあります。3社が限界とされていることがあります。

大手消費者金融では2社程度は年収3分の一の総量規制範囲内であれば、借入ができることがあります。少ない債務であることが必要です。あまりにも多い債務がある時には、大手消費者金融の申し込みはしないことです。

また、銀行カードローンも大手消費者金融の債務が多いだけではなく、既に2社多重債務者になっていると借入ができない、審査は通らないでしょう。
 

比較して良いのは初キャッシング

大手消費者金融と銀行カードローンの比較しても良いのは、初めてのキャッシングだったり、債務がない状態(過去のキャッシングの完済している)でしょう。そのときに、キャッシング先としてカードローンの選択として、大手消費者金融と銀行をオススメすることになります。

事故情報があるとしたら、債務がないけれど債務整理して5年未満では、借入ができないでしょう。
 
▲メニューに戻る
 
black-muryou360x120.jpg
 

専業主婦のカードローン事情

カードローンの特別属性では専業主婦があります。
 

専業主婦とは?

自身の収入がゼロですが、生活そのものが配偶者の収入でやっていける方です。

最近では専業主夫も存在しています。年金でも専業主婦では、自分は何もしていない場合でも、厚生年金では優遇措置があります。キャッシングにおいても銀行カードローンでは、専業主婦でも借りれる場合があります。大手消費者金融では、専業主婦は申し込み対象にはならないです。
 
black-muryou360x120.jpg
 

大手消費者金融は誰でも申込者になれない

大手消費者金融カードローンでは、20歳以上で収入がある方です。銀行カードローンも同じですが、例外として専業主婦も借りれるとされています。

しかし、大手消費者金融では例外がありません。大手消費者金融では、あくまでも本人に収入がなくてはならないとされています。それは、総量規制が限度額になりますが、専業主婦の収入は0円です。ですから、借入ができないと言います。

ですが、銀行カードローンでは総量規制は無関係であり、銀行の審査の上で限度額を決めています。たいてい、専業主婦の銀行カードローンの限度額としては最大でも50万円程度です。審査では、専業主婦の個人信用情報機関だけが関係します。配偶者の有無と収入の有無だけで、具体的な配偶者の収入証明書提出もなく、審査通過ができます。

これによって、専業主婦の信用情報で金融事故がなければ、カードローンを持てることになります。50万円程度ですが、収入がないとしても借りれることになります。

したがって、誰でも作れるカードローンでは、銀行カードローンが正解になることでしょう。特に、ネット銀行カードローンでは、専業主婦も借入ができる絶好の機会ということになるでしょう。
 

クレジットカードのキャッシングは例外

クレジットカードにもキャッシング枠が存在しています。このキャッシング枠は、消費者金融と同じ総量規制範囲内とされています。しかし、専業主婦でも配偶者の収入証明書があれば、10万円程度のキャッシング枠が付帯されることがあります。一応、専業主婦でもキャッシングができるカードローンになります。

この時に、配偶者の同意書と総量規制の確認の個人信用情報機関の審査があります。要するに、収入が0円であったとしても夫婦の収入での借入ができます。夫婦で金融事故がない信用情報が必要ですが、総量規制の例外として、専業主婦でもクレジットカードでキャッシングができることができます。

無職では不可能なことですが、無職の専業主婦でもキャッシングができる機会があります。銀行カードローンが理想ですが、大手消費者金融は不可能です。そして、クレジットカードのキャッシング枠では一部借入ができることになります。
 
▲メニューに戻る
 
black-muryou360x120.jpg
 

中小消費者金融カードローンの存在

カードローンでは、ブラックリストでも作れると言われる商品があります。審査がどうなっているか?ということですが、信用情報で金融事故があるとしても作れるローンカードも存在しています。
 

金融事故があっても審査通過

それが、借入情報サイトの記事ですが、大手消費者金融や銀行カードローンの審査に通らない場合でもカードローンの契約ができるとのことです。個人信用情報機関の事故情報があり、ブラックリストになっても審査が通る中小消費者金融、街金の情報です。

この金融業者の一部では、カードローンの商品があります。その審査に通ることで、実際にブラックリストだけどカードローンを実現ができると言います。
 
black-muryou360x120.jpg
 

少しシステムが違うけれど

こうしたカードローンでは返済専用です。

たいてい借入では、大手消費者金融カードローンのように総量規制範囲内で借入ができるものではなく、振込の形ではなく、カードで取り扱いができるという商品です。どちらかと言うと返済がATMでできるというものです。それでも振込ではなく、ローンカードを使った借入ができる点が便利というものです。

中小消費者金融のローンカードでは、また借りたい時には再審査になります。もともと多く借入ができるものではなく、数万円単位をカード審査を受けるものです。ただ、ローンカードの返済ができるのは利便性が高いといえるでしょう。

専用自動契約機がある中小消費者金融は少なく、たいてい全国セブン銀行ATMの利用になります。全国対応での中小消費者金融だけどローンカードが作れる点においては注目です。
 

ローンカードがある中小消費者金融

松山市のセントラル、東京のライフティなどの口コミがとても多いです。事故情報があるとしても審査次第で借入ができ、ローンカードを手にすることができます。ブラックリストになってもずっとローンカードを使ったキャッシングをしたい方にはオススメです。

インターネット申込ができますので、ホームページの入力だけで24時間対応しています。必ず電話での確認が来ますが、必ず返済能力があるブラックリストであることが必要です。申込者が専業主婦、無職では審査対象外になります。

大手消費者金融審査落ちだけではなく、債務整理後でも申込ができます。債務は少ないほど良いのですが、多重債務では3社までが原則的でしょう。特に総量規制範囲いっぱいの債務がある時には、中小消費者金融の審査も怪しいでしょう。多重債務者は債務整理をしてからの申込がオススメです。

ただし、債務整理直後の審査は難しいようです。債務整理後では、1年程度経ってからの申込が審査通過しやすいようです。
 
▲メニューに戻る
 
black-muryou360x120.jpg

関連ページ

black-muryou360x120.jpg