多重債務でもブラックでも借りれる消費者金融なら金融ブラックでも平気ってことですか?昨今の不景気で今は未曾有の金融ブラック社会だからこそ、ブラックに対応した商品が出てもおかしくありません。

ブラックでも借りられる【どこも審査通らない人】どうしてもお金が必要な時だけね☆

black-muryou360x120.jpg

銀行カードローンと大手消費者金融の審査の裏事情

銀行カードローンの審査に通らない場合は、大手消費者金融の申込みが有効だと言います。
しかし、大手消費者金融の審査に通らない場合は、銀行カードローンの審査派難しいようです。
ただし、このことは絶対的なことではないです。
 
black-muryou360x120.jpg
 

審査基準の違い

大手消費者金融も銀行カードローンも、金融事故がないことが前提です。
これは信用情報機関で返済をきちんとしている、借り方も無謀ではないことを確認するためです。

ここから、銀行カードローンなどでは安定した収入であるとか、勤続年数が長い上場会社などの安定収入がある方などは、大手消費者金融で審査に通らない場合でも、銀行カードローンで借入ができることがあります。この年収、この職業という項目はないのですが、大手消費者金融から銀行カードローンの借入ができている口コミもあります。職業の限定はあるのですが、安定収入の方は有利です。
 

信用情報だけではない審査

比較的若い世代の方が、借りやすいというのも確かです。
これは、マーケティングを元に若年層を集客している場合は、審査にも反映されます。

銀行カードローンでは、銀行口座で長期間取引がある。住宅ローンなどの借入があり、ある程度信用があるなど、信用情報の審査以外の項目で、銀行に有利な客であれば、対応が変わるといわれています。
いずれも金融事故なしが絶対です。
 
black-muryou360x120.jpg
 

金融業者の計算

大手消費者金融側にしても、マイナスの客に対しての優遇はないです。
銀行も同様ですが、安定収入などで、これからの返済見込みが高い場合は、審査でもある程度の許容範囲を広げることがあります。それで、口コミでは、審査通らないとされている状況でも借りれたとの内容を見受けられることがあります。

口コミでは、具体的な信用情報の内容公表がないので、上っ面だけの事実ですが、実はそんな金融業者の裏事情が審査には加味されています。
 

申込みブラックに気をつけて

消費者金融などを続けて申込みをして、審査落ちになってしまうと、申込ブラックで新たな金融事故を作ります。
ですから、大手消費者金融の審査落ちでは銀行カードローン、銀行カードローン審査落ちでは大手消費者金融に1回だけの申込みをしてみると良いでしょう。あくまでも金融事故がない方ですが、審査に通らないことが金融事故であることは確かです。

自分に覚えがない方限定の提案ですが、審査に通らないことはあるけれど、試してみる価値はあります。
審査に通る可能性が高いのは、安定収入で勤続年数が長い方です。
 
black-muryou360x120.jpg
black-muryou360x120.jpg