多重債務でもブラックでも借りれる消費者金融なら金融ブラックでも平気ってことですか?昨今の不景気で今は未曾有の金融ブラック社会だからこそ、ブラックに対応した商品が出てもおかしくありません。

ブラックでも借りられる【どこも審査通らない人】どうしてもお金が必要な時だけね☆

black-muryou360x120.jpg

虚偽申告と申込ブラック

大手消費者金融のスピード審査では、即日融資が可能です。
申込を受けた金融機関では、即属性と信用情報を調べることになりますが、コンピューターによるスコアリングシステムによって、判定をします。
最近では、自動車ローン審査、住宅ローンなどもこの方法で、審査結果がすぐに出ます。
そこで、すぐに事故者リスト、借り入れ状況などもわかりますが、過去の返済状況等から審査基準と照合することになります。

なぜかしら審査に通らない

事故情報もない、返済はきちんとしてきた、多重債務でもないのにと不審に思っている方もいます。
本当に不思議?優良利用者だと言うのに。
この審査落ちには2つほど考えられる原因があります。

虚偽情報

これは、故意・故意じゃないは関係なく、申込内容と信用情報内容が違うことがあります。
例えば、年齢です。
41歳なのに45歳と書いてみたり、生年月日などを間違えた・
勤務先や会社については、過去と現在の情報が違うのは良くあることですが、勤務年数が合わないとか。
年収では、消費者金融は50万円以上の借り入れで提出する書類がありますが、それも記載しているのと違うなど、とにかく申告された情報が゛おかしいと言うときには、審査落ちになります。
間違えた、ではなく年収を多く書いたほうが有利何ていうことは絶対にありません。

申込ブラック

これは、数日間に何度も申込をしてしまうこと。
大手消費者金融の種類が多いのであちこちに片っ端から申込をすると、全て事故情報になります。
申込をしただけで事故になる?
そうなのです。よほどお金に困っている、さっきと内容が変わっているということで、審査落ち決定です。
約半年間は審査に通らないのです。

総量規制

総量規制などは年収から割り出す数字です。
それが、いい加減な年収の書き方、キャッシングに対してふざけていると言った判断をされることで、信用がなくなります。
これらで審査に通らないのは、本当に馬鹿らしいことですから、緊張感を持った申込をするようにしてください。

大手消費者金融では決して教えてくれない申込ブラックなどですが、最後に行き着く中小消費者金融などでは、申込ブラックになっていましたねと言われることがあるそうです。
その上で、借り入れができることもあるようですが、虚偽情報申告の場合は、中小消費者金融でも審査が厳しいと言われています。
black-muryou360x120.jpg