多重債務でもブラックでも借りれる消費者金融なら金融ブラックでも平気ってことですか?昨今の不景気で今は未曾有の金融ブラック社会だからこそ、ブラックに対応した商品が出てもおかしくありません。

ブラックでも借りられる【どこも審査通らない人】どうしてもお金が必要な時だけね☆

black-muryou360x120.jpg

突然の審査落ち、なぜ?

各カードローンのカード情報は、金融機関などで、個人信用情報機関に照会することで把握することができます。
カードローン申込のときには、現在の自分の情報を申告していた上で、過去の信用情報と一緒に審査されることになります。

キャッシング経験者なら、今は審査落ちの期間かな?とか、大手は無理だけど、中小消費者金融や二流消費者金融に行こうと判断ができます。
特に審査落ち経験者は、「その時」を知っています。
ところが、今までキャッシングライフを満喫している方で、突然借りられなくなったり、事故者リストになってしまう場合もあります。

審査に落ちる場合、事故者とかブラックリストと呼ばれますが、金融機関への信用力が失った状態です。
審査基準に合わないときは、どんな場合で借り入れが出来ません。

消費者金融なら、総量規制限度内は何度でもキャッシング可能ですが、延滞をしたり、他社に申込してキャッシングをしていたりと、派手な使い方をしていると、手に使えなくなってしまう場合もあるのです。
危険信号のイエローカードではなく、一発レッドカードです。

大手と中小の違いは、この基準の差ですが、総量規制限度と延滞に対しては同様に厳しい対応です。
返済状況が悪いだけで、信用情報スコアリングは一気に下がっていきます。
借り方の問題ですが、多重債務はなるべくしない方が、自分としても管理しやすいです。
原則多重債務はありですが、借入は少なければ少ない方が良いと言われています。

金額が高くなったとしても3件と2件では、信用情報の印象が違うのです。
突然借りられなくなってしまう、何をした?というタイミングのときに、3件目の申込をしていたり、何ていうことが多いです。
しかし、どうしても必要なお金が数万円、1万円程度だとします。
そんなときには、審査がとても甘いとされる中小消費者金融に相談をしてみてください。

必ず返済ができる範囲内の小口融資の場合、総量規制内であれば、スコアリングが最悪でも借りられることがあります。
債務整理後も対応しているところもあります。
ただし、即日融資の保証はなく、大手消費者金融とは違う審査内容になり、時間がかかることが多いです。
1万円の融資で1ヶ月かかることもあり、そこまでしてそのお金が必要?というケースもありますが、とりあえず、大手の審査落ちは中小消費者金融に行ってみな、というのが定説です。
black-muryou360x120.jpg