多重債務でもブラックでも借りれる消費者金融なら金融ブラックでも平気ってことですか?昨今の不景気で今は未曾有の金融ブラック社会だからこそ、ブラックに対応した商品が出てもおかしくありません。

ブラックでも借りられる【どこも審査通らない人】どうしてもお金が必要な時だけね☆

black-muryou360x120.jpg

他社ご利用がなくお金を借りたいが審査が通らない人に目を向けてほしいポイント

他社のご利用をしていないのに、どの金融機関に申し込んでも審査が通らない。
そんな人は、ご自分の属性に問題があるかもしれませんよ。

お金を借りたいが、審査が通らない人によくある属性を、
ピックアップしてみました。
 
black-muryou360x120.jpg
 

 

お金を借りたいが審査が通らない人は自分の属性に原因がある場合があり

お金を借りたいが、審査が通らない人には、様々な理由があります。

他社のご利用をしていないのに、金融業者の審査に通らない場合は、
ご自分の属性に、問題がある可能性がありますよ。

自分の何が良くなくて、金融業者はお金を貸してくれないのか、
振り返ってみることも1つの方法です。
 

消費者金融は勤務先は関係ない

銀行のキャッシングは勤務先も影響するようですが、
消費者金融の場合は、どこに勤めているのかは問題ではないようです。
大手に努めていないといけないということはなく、企業であればどこでもOKです。
そのため、少人数の会社に勤務していても審査に通るようです。

例えば、全社員5人の小さな会社に勤務していても、
ほとんどの消費者金融では、審査に通っている傾向があります。

ただし、自営業や個人事業主の場合は、
収入が、きちんと証明できる書類がないと、
いくら稼いでいる人でも、審査の対称とはなりません。
 
black-muryou360x120.jpg
 

 

勤続年数に目を向けてみよう

勤続年数も重要となりますが、正社員であれば、
勤続年数が3カ月や、6か月でも、審査に通る傾向があります。

アルバイトやパートの場合は、
勤続年数2年以上であれば、審査に通る傾向があります。
この条件より悪い場合は、審査落ちしてしまう可能性があります。

中小の消費者金融であれば、パートやアルバイトでも、
勤続年数6か月程度であれば、審査に通る場合もあるようです。

勤続年数が短い人は、消費者金融の口コミや直接電話をかけて、
この程度の勤続年数でも、審査の対象となるのかを、
問い合わせてみるといいですよ。
 

年収に目を向けてみよう

消費者金融のキャッシングの場合は、
年収は、100万円以上あれば審査に通る傾向があります。

パートやアルバイトの場合は、年収が100万円以下となる場合もありますが、
100万円からかけ離れた少ない年収じゃなければ、審査に通る傾向があります。

消費者金融は総量規制が該当するので、
100万円の年収の場合は、33万円までの借入となります。
月々の収入に対して、33万円の月々の支払い額の割合が高い場合は、審査に通りません。

金融機関の審査では、融資をしても、
きちんと、返済できる返済能力があるのかが問われます。

金融機関によりますが、月収の2~3割程度の、
返済額であれば、OKという考えをする場合もあります。
そのバランスが取れていないと判断されると、審査には通りません。

銀行のキャッシングは、
年収300万円は超えていないと、審査の対象とならないようです。
 
black-muryou360x120.jpg
 

 

住まいの状態にも目を向けてみよう

住まいの内容では、ほぼ審査には影響しないと言われています。
ただし、賃貸物件に住んでいて1年未満の居住年数の場合、
審査の対象とならないことがあるようです。

その理由は、延滞をした際に、
逃げてしまう可能性がある人と、判断されてしまうからです。

住まいの状態で1番信用がある人は、持ち家に何十年間も住んでいる人です。

賃貸物件であっても2年以上住んでいれば問題ありませんが、
まだ数か月の場合は、信用性が低くなってしまう場合もあるようです。
 

多重申し込みで審査に通らない

必ず融資を受けたくて、1度に複数の金融業者に、申し込みをしてしまう人もいるようです。

しかし、短期間の間に複数の金融会社に申し込みをしてしまうと、審査には通りません。
多重申し込み者は、個人信用情報機関に、多重申込者として登録されてしまうからです。

1か月の間に、3か所以上の金融機関に申し込むと、多重債務状態になってしまうことがあります。
1度に複数の金融業者に申し込む人は、それだけお金に困っている人と判断されてしまうからです。
金融機関へのキャッシングの申し込みは1社ずつにし、多くても2社までとしましょう。

申込みブラックとなってしまうと、半年間個人信用情報機関に登録されてしまい、
その情報が消えるまでは、新規でキャッシングができなくなってしまいます。
 
black-muryou360x120.jpg
 
 

クレジットカードの遅延や延滞経験がある

キャッシングは1度も経験したことが無い人でも、
クレジットカードのご利用は、したことがあるという人も多いと思います。

クレジットカードの遅延や返済がある場合も、審査の対象となりません。

クレジットカードはお買い物の際に使うので、キャッシングには関係ないと思うかもしれません。
しかし、お金を借りて購入していることになるので、意味合いとしては同じような感じとなります。
クレジットカードのご利用の延滞や遅延は、キャッシングの遅延や延滞と同じ意味になります。

そのため、他社のご利用も万度に返済できない人には、
新規で融資はできないと考える、金融業者もいるようです。
 

クレジットカードを1回も使ったことがない

先程の話と真逆ですが、クレジットカードを1度も使ったことがない人でも、
キャッシングの審査が、通らないことがあります。

1度もクレジットカードを作ったことが無い人は、
どのような人なのかわからないので、
評価ができなく、信用出来ないと判断されてしまうようです。

逆に、クレジットカードを使っていて、
毎回きちんと返済している人の方が、信用性があって安心な人と判断されます。

いかがでしたでしょうか。
他社からの借入を一切していないのに、
銀行や消費者金融から、お金を借りることができない人は、案外多くいます。

その場合は、ご自分の属性に問題がある場合があります。
ご自分の何がいけないのかを振り返って、改善できる部分は改善しましょう。
 
black-muryou360x120.jpg
 
black-muryou360x120.jpg