多重債務でもブラックでも借りれる消費者金融なら金融ブラックでも平気ってことですか?昨今の不景気で今は未曾有の金融ブラック社会だからこそ、ブラックに対応した商品が出てもおかしくありません。

ブラックでも借りられる【どこも審査通らない人】どうしてもお金が必要な時だけね☆

black-muryou360x120.jpg

ブラックの人がお金を借りる方法

お金を借してくれる金融業者といえば、大きく銀行か消費者金融に分類されますよね?
さらにこの2つをざっくり分けると、大手の銀行や消費者金融と、中小の銀行や消費者金融に分けることができます。

どちらの場合でも大手というのは審査基準というのが高めに設定されていることが多く、できるだけ安心して貸し出しができる人にしかお金を貸さない傾向にあります。

一方中小企業というのは知名度が低いわけですから、大手で借りられなかったような人に対して貸すことになります。

例えば中小消費者金融のA社という業者がいたとして、一般的にお金を借りたい人というのはみずほ銀行や三井住友銀行などのメガバンク、自分の住んでいる地元の地銀、地域が関係なく気軽に利用できるジャパンネット銀行や楽天銀行などのネット銀行、テレビCMなどで知名度の高い消費者金融(アコム、アイフル、プロミス、モビット、レイク等)で借りようとします。

しかし、これらの金融機関では審査が通らず困っている人は、もっと審査が甘くて貸してくれるところはないだろうかという風に探します。

そこで中小金融業者のA社の登場です。
A社はここでなんとかお金を貸し出してお客を確保したいですから、当然大手よりも審査基準というのは甘くなります。
しかしお金を貸しても回収できなければ意味がありませんので、当然ある程度の審査基準を設定して、お金が回収できる人なのかという判断はします。

この審査基準というのは、大手の場合はほとんど大差ないらしいのですが、中小消費者金融ではかなりバラつきがあります。

A社では大手と同じく即答で断られたけど、B社は状況確認の電話が入り、事情を説明したら少額ではあったが一旦貸してくれたというケースもあるそうです。

ですので覚えておいて欲しいのが、中小消費者金融ならお金を借りられる確率が高いのですが、かなり審査基準に違いがある場合が多いので、1社ダメだったからダメだと諦めないという事です。

しかし無暗に何社も申し込むと「申し込みブラック」といって逆に不利になりますので、事前に調べて申し込むようにしましょう。
black-muryou360x120.jpg