多重債務でもブラックでも借りれる消費者金融なら金融ブラックでも平気ってことですか?昨今の不景気で今は未曾有の金融ブラック社会だからこそ、ブラックに対応した商品が出てもおかしくありません。

ブラックでも借りられる【どこも審査通らない人】どうしてもお金が必要な時だけね☆

black-muryou360x120.jpg

審査の甘さと個人信用情報機関の存在

大手消費者金融の審査に落ちた方は、審査が甘い消費者金融などを探す方が多いでしょう。
そこで、信頼できる中小消費者金融などを紹介しているサイトで“街金アニキ”があります。

ここでインターネットで話題に出る街金や中小消費者金融などの紹介をしていますが、闇金と正規消費者金融の違いがわかります。
ここは大丈夫という金融機関を探すことができますから、安心して選択することができます。
金貸し屋とか街金というと、怖いイメージもありますが、決してそんな事は無く、金融機関の部類で言うと、小規模消費者金融です。
内容としては、正規の金融機関で、審査が甘く借りやすいのです。

昔気質の感じはありますが、大手消費者金融審査落ちの方にとっては、有り難い存在です。
現在、中小消費者金融と言っても申込はインターネットでできます。
契約書や提出書類が多い、カードローンではなく、融資申し込みで振り込みが主流ですが、それでもインターネットでの完結ができるところもあります。

審査が甘いということは、事故情報がある方でも借りられるということが多いです。
その種類は豊富ですが、審査に通らない事もその一つです。
それだけではなく、延滞や債務整理などの状態でも判断されるのですが、クレジットカードなどの関係することがあります。
ただ、クレジットカードは、個人信用情報機関が変わることで、審査対象にならない事があります。

例えば、その機関が別のところに登録していると、審査上では全く事故がない方で審査がスルスルと通るのです。
これが、審査の甘い中小消費者金融だけではなく、銀行などでも通用することがあります。
試しに申し込身をしてみることと言いたいところですが、正直行って審査落ちの覚悟を持ってやってみてください。
絶対とは言い切れないことですから。

中小消費者金融、大手消費者金融などと銀行の個人信用情報機関で情報共有していない、それにクレジットカードの保証会社が別物ですと、金融事故のはずが借りられた、ということになります。
全てのおかしな現象の条件としては、安定した収入があることと、総量規制限度内の借入、延滞はなしということです。
これが揃っている場合の申込については、キセキが起こってしまう事もあるらしいのです。
消費者金融がダメで、銀行がOKということはない話なのですが、信用機関が違うことで、借りられたという報告はあるのです。
black-muryou360x120.jpg